「艶のある女性」に必要なこと♪


深い眠りから艶が作られる♪

電気がついている状態で寝込んでしまい、起きたときに疲れが残っていた。
という経験はないでしょうか?

質のよい睡眠を手にするには光、つまり照明の具合も大きく関係してきます。
人の体は基本的に日が暮れたら眠る、日が昇ったら活動します。

このリズムで動いているので、心地よい睡眠に入るためには、眠るまでの照明の明るさ
そこにもひと工夫が必要です
NIS85_rightup20131225001-thumb-1000xauto-17502

夕食後、明かりが煌々とついている部屋にいると、体はいつまでも活動モードのまま。
なかなか眠気をもよおしません。

徹夜をしなければならないときは強い照明の中にいるほうがいいのです。
逆に、寝る前までこのような環境にいると、スムーズに眠りに入りづらくなります。

ですから、寝る前の数時間は優しい光の中で過ごしましょう
体を睡眠モードに変えていくのです

間接照明やスタンドの光を上手に使い、心も体もリラックスできる。
そんな雰囲気をつくっていくとよいと思います。
眠るときの部屋の暗さも大事なポイントです

NAT88_mana-housenobed_TP_V4
暗くしないと眠れない人、電灯の補助灯をつけないと眠れない人。
人によって眠りやすい明るさはそれぞれです。

動物である人間は真っ暗闇に恐怖を感じるものです。
微量の光があったほうが安心感を覚え、それだけで眠りやすくなるそうです

防犯にはくれぐれも気をつけながら、外の光が少しだけ入るような環境に変えてみる。
それも良い方法です。

ほかに温度と湿度にも気をつけたいものです
外気温によって睡眠に快適な温度は変わってきます。
夏なら二十五度前後、冬なら十三度前後がひとつの目安となります。

湿度は年間を通して五〇~六〇パーセント程度に保っておくとよいでしょう。
こまめな温度調整が快眠につながります。

冬は足元をよく暖めて、夏は敷布団やベッドマットの除湿を心がける
気持ちよく眠れる環境を整えておきましょう

心地よい眠りとすっきりした目覚めには、お風呂も効果を発揮してくれます。
ただし寝る直前のあわただしい入浴はおすすめしません。

体内リズムのメカニズムからいえば、寝る直前に体温を上げると体が目覚めてしまいます。
その結果、眠りづらくなるのです。
夜の入浴は夕食前に済ませ、ぬるめのお湯にのんびりとつかるようにしましょう

HOTE86_rotenburotobijyo15103631-thumb-815xauto-14684
朝の時間に入浴をするなら湯温は高めに。
熱いお湯が眠っていた体をたちまち目覚めさせてくれます
頭の中もしゃきっとしてきて、一日のスタートが快調にきれるはずです

良い眠りを得ることは健康はもちろんのこと、スキンケアには大事なことです。
艶やかで健康的な魅力を振りまく女性は無敵です♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム