「背中」の魅力を作り上げる♪


思わず触りたくなるなめらか背中♪

女性を魅力的に見せる肌見せポイントといえば胸元、脚。
でも、一番女性を美しく見せるのは背中なのかもしれません。
普段見えない部分だからこそ、その吸引力は別格です。

いつでも触られてOKな背中にしておく。
磨き上げられた背中は、特別な女性の証です。
でも、背中のケアをなにもせずに放置している人は、少なくないと思います。

背中は体の中でもトラブルを抱えやすいデリケートな部分。
間違ったケアをしたり放置したりすると、肌を痛め、にきびやしみの原因にもなることも。
肝心なのは背中を顔だと思ってケアすることです。

背中の肌は他のボディーパーツと比べて顔の肌に近い構造です。
ごしごしと背中を洗っている人は要注意。
背中は顔と同じように手、またはやわらかいもので洗うのが鉄則です。

古い角質がたまらないよう、定期的にピーリングでお肌の生まれ変わりを支えるのも大切。
お風呂上りはローションで整え、ミルクやクリームで潤いを守りましょう。
吸い付くような肌つくりと背毛も抜かりなくお手入れしましょう。

一番のオススメは永久脱毛です。
毛穴がなくなり、自分でするケアが失敗して跡になる心配もありません。

自分でそるときは、お風呂で肌を温めやわらかくなったタイミングで行いましょう。
毛に逆らわないようにそるとお肌を傷つけません。
また、脱毛器具はお肌を痛めないように設計されているので安心して使えます。

毛抜きを使うのは厳禁。
毛穴の中で皮膚を引きちぎっているようなものです。
出血を起こしたり、黒ズミ、、でこぼこ、シミ、にきびの原因になってしまいます。

また、背中の肉をとるには、正しい姿勢でいることが大事です。
そして、正しくブラをつけましょう。

背中と脇、お腹から肉を持ってこないと肉が二の腕と背中に流れてしまいます。
ストラップは常用しすぎるとバストが垂れてしまい肉肉しい背中になるので要注意

エクササイズはツールを使ったホームエクササイズがオススメです。
肩甲骨を動かすと効果的なので肩甲骨を縮めたり開いたりするストレッチなど。
肩甲骨をまわすように心がけるだけでも違います。

左右どちらかの腕を上から、もう片方を下からで背中で手をつなぐ。
こんなストレッチも毎日数セット続けることで血行を促進してくれます。

海で日焼け...この時期だけの楽しみですよね♪
でも、後々シミだらけの背中にならないように、適度に日焼けをしましょう。
その後は背中のケアは怠らずに労わってあげましょうね。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム