「リラックスモード」の作り方♪


さりげなく気を利かすのは難しい

男性へのアンケートで女性に引かれる瞬間を聞いてみました。
大半が「何人かの飲み会でグラスが空になるのを気にかけて、お酌をしてくれる」。
そんな気の利いた女性という答えが返ってきました。

たぶん多くの男性は、この手の気の遣い方に弱いのではないでしょうか。
気が効く、気を遣うという、人として大切な要素です
それが「お酌」という行為に表れたのだと思います。
PP_bear_TP_V4
しかし、お酌のことばかり言われると、あまりいい気持ちがしません。
また学生時代にクラブやサークルなどで先輩後輩の上下関係に慣らされている。
すると、自然に手も動いてしまうものです。

それはそれでさわやかさもあります。
かゆいところに手が届く
その点が女性に対する価値基準のひとつになっているのかもしれません

しかし、このような気の遣い方もさりげなさがなければ品がありません。
ついつい出てしまう職業的なスマイルも、度を越すと滑稽になりがちです

特に招待されたときは、こちらから出すぎたことはしないことです。
お酌などにしても、相手がお酌をしてくれたら、それに返すような形でさりげなく。

大勢で食事をするときも、いちばん遠くにいる人のことまで気にしなくていいのです。
両隣と正面に座った人で十分です。

HT86_kanpai20150221172323_TP_V4

その場の空気をリラックスさせる「話題の選び方」

食事の場で気を遣うべきはお酌や料理に関したことばかりではありません。
もっとも大切なのは話題であり、その場の調和ではないでしょうか

話題がひとつのことに集中しすぎていないか
ひとりの人だけが中心になっていないか

話題についていけない人はいないか
その場にふさわしい話題になっているか

もしもひとりの人が中心になったり、話題についていけない人がいたとします。
さりげなく話題を変えるように仕向けましょう。

「最近はどう?」「〇〇さんに会ってる?」。
などたわいのないきっかけを振ってみましょう。
あとは「これ食べた?おいしいよ」と、料理に一度、目を向けてもいいでしょう。

そこで「まあまあかな」とか「会ってない」。
といったひとことで話がぷっつりと途切れないようにすることです。
こちらも柔軟な気持ちを持つことが大切です

0i9a7278_tp_v
どんな状況においても言えることですが、逆に相手に適度に気を遣わないようにする
それも必要なことだと思います。

話題についていけなかったりするときもあります。
苦手な人がその場にいたりすると、嫌だという気持ちが表情や態度に出てしまうものです。
自分では気をつけているつもりでも、嫌だと思う気持ちは正直に表れてしまうものです。

嫌だなぁと思うことは、ユーモアや笑顔を交えてさりげなく言うのも手です
すると相手側も少し反省をしてくれるはずです。

あっけらかんとした態度はその場の空気をオープンにします
お互いをリラックスした雰囲気にしてくれるのです
気が効くことも必要ですが、周りに気を遣わせないことも好かれる要因になるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム