人気チャットレディに学ぶ話題作りのコツ?


具体的に質問すると会話が続く

質問の基本はお客さんが話したいことを具体的に聞くこと。
2ショットの場合は、言葉以外の部分、お客さんの表情や声のトーンに気をつけながら質問を考えるといいでしょう。

例えば「急に部長に抜擢されて、参ったよ」と言ったとしても、お客さんの言葉をそのまま鵜呑みにしてはいけません。

表情やトーンから嬉しそうな雰囲気を感じたら、抜擢されるまでの苦労話などが話せるような質問が、最高の話題提供になるのです。

「抜擢されるには、やはり何かきっかけがあったんですよね?」とか「参考にしたいので、どんな努力をしていったら〇〇さんのようになれるか教えてください!」といった質問をすればお客さんも気持ちよく話をしてくれるでしょうし、自分も貴重な学びの機会を得られますね。

自分の話をしたらお客さんにボールを投げる

会話はキャッチボール。
もちろんチャットレディの自分が話の中心になる時間もあります。

  • 自分ばかりがずっとボールを持っているのではなく、お客さんへボールをすぐに投げるようにすると会話がはずみます。
    意識してみてください。
  • 「昨日こんな失敗をしちゃったんです。(失敗について簡潔に話した後)〇〇さんはそんな失敗はないですか?」という風に、自分が話をした後に、質問という形で相手にボールを投げて終わるようにすればOKです。

複数人でチャットをしている時に、1人の人ばかりが話をしている場合には「△△さんは、どう思いますか?」という質問で話をしていない人にもボールを投げるようにします。
そうすると多くのお客さんが話す機会を得ることができ、稼ぎの幅も広がります。

驚き、笑い、質問のリアクションが話題を広げる

話題の作り方というと難しく感じるかも知れませんが、驚き笑い質問といったリアクションをしながら聞き上手に徹すれば、いつのまにか上手に話題提供ができているはず。

これらのリアクションは「話をちゃんと聴いていますよ」「興味がありますよ」というサインの役割を果たしてくれる対人関係を良くするツールであり、会話の潤滑油としても必要です。

リアクションをしながら聞いてもらえると、お客さんはさらに話しやすくなり、質問によって話題が広がったり、深堀りできたりします。
意外なようですが、心を込めてお客さんの話を聴くことが話題づくりのコツなのです。

みなさんもチャットレディとして、チャットでの会話はもちろん、日常での会話などにも上で話したコツを意識しながら、話をしてみてくださいね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム