「ナイト」になる機会を与えよう♪


守られる女性になる♪

男性の中には、「愛する女性を助けながら、その人の役に立っていたい」。
自分がプリンセスを守るナイトでいたい」という欲求があります。

助けることで自分の力を確認し、「自分はここにいていいんだ」。
という安心感を持つのです
paku150710540650_tp_v

あまりにも自分一人で何でもやりすぎてしまう
助けを求めることが悪いことだと思い込んで遠慮してしまう

すると男性は物足りなくなったり、自分の存在の意味を見出せなくなってしまうのです
お決まりの「君は一人でいても大丈夫、でも彼女は...」。
というセリフは、こういった理由から出てくるのです。

たとえ、あなたがどんなにしっかりしたすばらしい女性だったとしてもです。
あえて彼に「あなたのナイトになる」機会を与えていきましょう。

何かをしてもらったとき
思い切りその優しさを受け取りながら、心からの喜びを表現しましょう

「ありがとう!うれしい!」「わあ!こんなにしてくれるの?大好き!」
など、ストレートに喜びと感謝をあふれさせてみましょう

あなたがいてくれてうれしい。
あなたがこんなふうに私に関わってくれて本当に幸せなの!

そんなふうに伝えれば、男性も「自分はこの女性をとびきり幸せにできている」。
と自分に誇りを持つことができます。

そして、一度、「自分はこの女性の役に立つことができる」
「自分はこの女性を喜ばせることができるんだ」という誇りを持つ事ができます

すると男性はそれを記憶し、相手のほうからも関わってくれるようになるのです
また、あなたから助けを求めてもすばらしい結果になるでしょう。
OOK863_kekkonshiki_TP_V
意識して荷物を持ってもらう、旅行の計画を相談する。
困っていることに具体的なアドバイスをもらう。
自分が答えを見出せないことを解決してもらう。

このように積極的に「彼を必要としている」ことを伝えていきましょう
このとき、「素晴らしい能力を持っているあなただから、ぜひ力を貸してほしい」。

相手を認めながらお願いすると、なおいいでしょう。
男性にとっては、それだけで「頼りになる男性だと認められている」ことになるのです

TSURU_oyakonnatokoroni_TP_V
助けを求めることは、負けることではありません
周囲のすばらしさを認め、積極的に協力しあいながら生きるということです。
その反対に、もしも男性ができないことや苦手なことがあれば、あなたが助けてあげてください。

お互いに得意なことを差し出しながら、二人で思いやる。
それが、うまくおつき合いしていくことができるのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム