「真面目」も欠点になり得る?


真面目な人ほど気をつけたいポイント♪

とても優秀で、非の打ち所のない完璧な人間。
そういう人は、他人から憧れの対象になったり、一目おかれます。
それと同時に、他人のひがみの対象になることがよくあります。

世の中には、普通の人がどんなに努力してもできないことを簡単にやってのける。
明らかに人より優れた人、そんな人がいるものです。
smIMGL4099_TP_V

こういった優れた人、強い人々というのは、必ずしも性格的に優れている。
そういうわけではなく、また、みんなが友達になりたい人とは限りません

生まれてから一度も病気をしたことのない人は友人にするな」。
という有名な言葉があります。
これは、病気をしたことがない人には、病気がちな人の気持ちはわかるわけがない。

つまり、身体が丈夫な人は、弱い人間を見て。
「節制してないから」「自己管理がなっていない」「気持ちの持ちようだ」。

などと、自分が経験したことがないために、他人の身体が弱いことを軽く見てしまう
なので思いやりに欠ける、といったような意味が込められているのでしょう

一方で、身体が弱かったり、勉強ができない。
すぐにくよくよと悩んでしまう精神的な弱さを持っている。
そういった、いわゆる普通の人々というのは、他人の弱さや欠点に寛容でいられます
SMIMGL4043_TP_V

自分も辛さを経験しているだけに、相手の気持ちがわかる、同情できるというわけです
弱い人に対して思いやりを持ってることは、人間としてすばらしいことです。
人は、弱気になっていたりすると、自分の辛さを誰かに聞いてもらいたくなるものです。

そんなときに、「気持ちがよくわかるよ。私も経験してるから」。
などと、同調してもらえると、「辛いのは自分だけじゃない。みんな悩んでいるんだ」。
と、孤独感から解放され、心がすっきりすることがあります

そして、気持ちをわかってくれた相手に対して、心を開きます
相手とより深い人間関係を持つことができるようになります

私たちは、自分より明らかに強い人を見ると思います。
「羨ましいなあ、自分もああなりたいな」という憧れるのです。

それと同時に、自分ができないことを平気でやってのける相手。
その相手に対して、ひがみという感情も抱いてしまいがちです

ひがまれた人からすると、なぜ反感を持たなければならないのか?
納得がいかないかもしれません。

しかし、誰でも自分と他人を比較したり、コンプレックスを抱いたりするものです。
憧れとひがみは表裏一体の感情といってよいでしょう

kawamura1029IMGL4319_TP_V4
つまり、他人の痛みや弱さをわかってあげられること
それだけですばらしい長所といえるでしょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム