「言葉のぜい肉」を取ろう♪


表現は具体的に♪

話すとき、書くとき、すべての伝達には、共通して正確さが求められます。
情報.意思.感情などの内容をわかりやすく、正確に伝える
そのためには、表現の仕方が非常に重要になってきます

表現方法はいろいろあります。
できるだけ簡潔明瞭、具体的に表現すると、正確に伝わりやすくなります。
jyouhou

いつ/どこで/誰が/何を/なぜ/どうやって/いくつ/いくら。
●わかりやすい言葉(業界.専門.学術用語などを使わない)
●結論優先(タイトル.件名など.主旨を冒頭に表す)

●項目列挙(箇条書き、3つのポイントなど、細分化する)
●数値化(数量.時間.場所などについては抽象的表現は避ける)
●事例(実例)使用

このはかにも、図表、グラフなど表すと、一目瞭然です。
ほかのデータと比較したり、全体の傾向が把握できるなど、多くのメリットがあります。

「誠実さ」「安心感」を与え、「キビキビと相手にメッセージを伝える」色があります。
それと紺と淡い黄色です。

紺は「一瞬にして信頼感を与える力」を持っています
多くの制服にも使用されるほど、「優秀なイメージ」を持っている色なのです

紺のスーツに、淡い黄色のシャツを合わせてみてください。
いろいろなシーンで、大事なことを堂々と伝えていきましょう。

ME_biz20160902450317_TP_V
ちなみに、紺と黄色はどちらも、「知的な人」と印象づける力を持っています。
具体的な表現を習慣化すると、事実が正確に伝わり、信頼されます。

わかりやすい言葉を使う♪

「あの人の話は、なぜかとてもよくわかる」という人。
逆に、そうでない人があります。

話の組み立て方にもよります。
違いは、誰にでもわかる言葉で話しているかどうかです

同じ内容が書かれていても、わかりやすい文面と、わかりにくい文面とに分かれます。
たくさんの言葉を並べて多くのことを伝えようとする。
漢字、熟語を使って伝えようとする。

そのあまり、複雑で、難しい表現になっていませんか?
誰にでもわかる言葉で伝えることは、伝える技術の基本です

パソコンの普及で、IT関連の言葉も、かなり一般的に使われるようになりました。
ですが、対象者によっては通じないこともたくさんあります。

また、カタカナやひらがなを使うと、文章が読みやすく、強調する効果もあります。
書籍などでもたくさん使われています。
子どもでもわかるような言葉で簡単に表現すれば、言葉の「ぜい肉」が取れます

HNIMGL8671_TP_V
必要なことがスッキリ、ストレートに相手に伝わります
簡単でわかりやすい言葉は、2倍の速さと2倍の理解度で伝わるのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム