自分の「雰囲気」を手に入れる♪


全ての物から雰囲気を作り上げる♪

雰囲気とは「その場を満たしている気分、また空気」ということです。
その人をとりまく空気が、匂うように美しい。
そんな女性は文句なく「雰囲気のある人」と言えるでしょう。

雰囲気に色をつけたとしたら何色なのでしょう?
雰囲気をもたない色は一色もありません。
代わりに、その色を着たりつけたりするだけで、雰囲気を出すという便利な色もありません。

つまりすべての色がもともともっている雰囲気を生かすも殺すも「人」なのです
喪服を着た女性は雰囲気がある....よく聞く言葉です。
それは女性が黒を着ることにいつになく専念し心を込めたりするからではないでしょうか。

ウエディングドレスの純白がそれだけで匂いたつようなのも同じ理由かもしれません。
どんな色でも人が何らかの「感情」を吹き込んで、初めて雰囲気を生み出すのです。
花?

たとえば水色の服を着る時。
何も考えずに着ればただの色。

しかし「清々しく」とか「クールに」といった形容詞を頭に思い浮かべながら着る。
すると、水色からは爽やかな空気がふわっと広がるでしょう。
ピンクを着る日は「可愛らしく」「やさしく」など、ピンクに対する想いを込めることです。

いずれにしても、なぜ水色を着るのか、なぜピンクを着るのか
その理由を自分の中で明白にしておくことです。
するとその日のメイク色にさえ自ずと雰囲気が漂います。

最初に口紅を選んで、それに想いを込めるのも可能です。
なぜなら、色はすべて生きているからです。

雰囲気の音とは...。

洗練や上品を形で表現するテクニックはしっかり身につけている女性。
しかし、どうしても雰囲気を出せない。

そんな女性は、おそらく声と言葉に原因があるのかもしれません。
声や言葉は、内面を物語り、その人が放つ空気そのものだからです
それが品格のある美しいものなら、黙っていてもその人の周りには雰囲気が漂うはずです。

つまり逆に容姿が平凡でも声と言葉で雰囲気を生む人は少なくありません。
同じ服、同じ髪型、そして同じ服。
声だけ違っていた場合、人の評価はあきらかに違ってきます

何より、声のキレイは一生の財産。
風貌が変わっても、声だけは変わらないといわれます。
美しい声は、一生その人を美しいまま保つ、とても大きな財産となりうるのです

「雰囲気」にはカタチはありません。
でも、何かが見えるから「ある」「なし」が一瞬で判断できるのです
雰囲気とは、やはり所有するものなのです

マニュキア

「雰囲気がある女性」という言葉は、極上のほめ言葉だと思いませんか?
どんなに美しくても、印象を残さなければ忘れられてしまいます。

雰囲気がある女性」は、目にも心にも、長く焼きつきます
チャットレディとして、ぜひ所有しておきたいものは「雰囲気」です。

声、言葉、仕草、ファッション...etc。
3秒間、人の視線を自分に惹きつける...それが雰囲気づくりの一歩です♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム