「本物の美人」の極意♪


女を下げる要素は徹底的に排除しておく♪

「馬子にも衣装」といわれるように、瞬間的に美人になることはそう難しくありません。
女性誌でも、そういった内容のものが多く取り上げられています。

あれはプロのヘア&メークさんがメークをします。
プロのスタイリストさんが服を選んで着せて美女に仕立てようという企画です。

最高に着飾った状態を、プロのカメラがこれでもかと撮りまくります
たった1枚のベストショップを選ぶのです
TSURU1891A022_TP_V
キレイでなかったらうそになります。
しかし、この変身体験も、テレビ番組などでやったらどうでしょう?

「あの女優さんのようになりたいんです~」という体験者。
プロがやはり全力を尽くして飾り立てます。
でも、テレビのような動画の場合、結果は期待を裏切るかもしれません。
masaki0I9A4894_TP_V

この違いはどこからくるかといえば、体験者の立ち振る舞いや言葉遣い
それらが大いに関係していると考えられます

外見は変身できていても、歩き方やポーズは素のまんま
「どんなお気持ちですか?」と聞かれても、「いや~、変わりましたねぇ」。
と、変身前と同じトーンでしゃべっている体験者がいかに多いか。

女優クラスの美人になりたいのなら、外見だけではなくやはり中身もその気になる
そのくらいの気合いを入れなければ、美女度はアップしません

MIZUHODSC_0269_TP_V

気が利くことは美人のキモ♪

美人というのは、立ち振る舞いはあくまでたおやかでエレガント
言葉遣いにも女性らしさや品がなければいけません

逆にいえば、そこまでなれて、やっと美女として一人前。
どの角度から切ってもキレイな本物の美女になるのです

それには、そうしたルックス以外の高いハードルも待っています。
もっとも、立ち振る舞いのエレガンスは、すぐに身につくものではありません。

食事をするとき、歩くとき、スマホをいじっているとき
頭の隅で「だらしなくなっていないか、品よくふるまえているか」
常にサインを点滅させておくような、長い地道な鍛錬が必要になります

実はもっと簡単にできて、ほんの少し意識するだけで美女になれる魔法があります。
その最たるものが【気配りできる】ことです

気配りとは、相手の身になってよかれということをさっと手をさしのべられる思いやり。
聡明さと言い換えてもいいでしょう。
IMA20160724291614_TP_V

自分の周囲の魅力的な美人を思い返してみてください。
「そういえば彼女は気が利くなぁ」と思い当たらないでしょうか。

そう、気が利くことは美人のキモなのです
これなしには、どんなに飾り立ててみても「キレイぶっている人」
このようにしか見えないから面白いのです

美人なのに性格が悪い。
美人だから性格が悪い。

これはすでに過去のものです。
美人なら性格がいいのは当たり前
今はそういう時代なのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム