当たり前の「挨拶」をしてますか!?


心に響く挨拶とは?

わたしたちは、対面した最初の5分間で、相手のイメージを決定しています。
そのとき、もっとも大きなウエート占めるのは。挨拶でしょう。
挨拶がマズければ、それを挽回するのにかなりの時間と労力を要します。

逆に言ってしまえば、挨拶でしっかり好印象を残すこと
これができれば、相手に好ましいイメージを抱いてもらうことができます

これは親しい仲でも同じことが言えます。
たとえば、あなたの周りに「朝の挨拶もできない非常識な人」はいませんか?
意識が自分にばかり集中し、人とのコミュニケーションをおろそかにする。

そのことが、挨拶の言葉がすぐに出せなくしてしまいます。
「それくらい言わなくてもわかっているだろう」。
「わざわざ言う必要もないだろう」と考えてしまうのです。

人間関係の悪化は、まず挨拶をしなくなることからスタートします
挨拶とは、互いの緊張を解く言葉であり、互いの関係を確認するための言葉です
たかが挨拶とあなどってはいけません。

でも、ちょっと考えてみると、挨拶はいわば形の決まった定型句です。
美しい挨拶に変えようにも、それほどバリエーションがあるとは思えないでしょう。

以前にも紹介した「まず相手を優先する」という意識の持ち方になります。
たとえば、名詞交換の場面を考えてみましょう。

「はじめまして。○○と申します。」
こんな感じで普通に挨拶していたのでは、相手を優先することにはなりません。

「○○さんですね?はじめまして、○○と申します。」
「今日はお会いできるのを楽しみにしていました」と相手の名前を先に言ってみる
これだけで、相手に与える印象はまったく違ったものになります。

さらに、大きな意味で考えるなら「相づち」も挨拶の一種になります
相手が話しているときにしっかりと相づちを打つ。
私はあなたの話を聞いてますよ」というサイン、挨拶になります。

このとき、ただ「うん、うん」と相づちを打つだけでは、意味がありません。
こんな相づちなら、話を上の空で聞いていても打てるものです。

相手がもっと話しやすくするために。
「なるほど」「それで?」「それは凄いですね」「それからどうなりました?」
など、相手の話に対する興味や関心を言葉に出すようにしましょう

もうひとつ、出会ったときだけではなく、別れの挨拶も大切です
「それでは失礼します」や「じゃあね」では、ただ単にサヨナラしてるだけ。

そんな味気ない挨拶ではなく、「またお会いしましょう」や「じゃ、また会おうね」。
といった挨拶だと、相手は「」をイメージすることができるはずです。
別れの挨拶とは、再会のゆるやかな約束なのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム