「アイメイク」の注意点♪


まつ毛を上げるだけで、目の輝きが変わる♪

自分の苦手部分をしっかり見極めて、先ずはそこから制覇してみましょう。
アイラインを入れたら、最後の仕上げはビューラーとマスカラです。

ビューラーでまつ毛をカールするだけで、目の輝きはグッと違ってきます
その上、横から見たときの立体感も演出できるのです
007KZ1868_TP_V

まつ毛の短い人も、まぶたの際を立ち上げるだけで印象は大きく変わります。
まぶたの状態が変わり、横顔もいきいきしてくるはずです。
特に、ビューラーのひと手間が効果的です。

まつ毛が覆い被さってる状態だと、眠たそうな目に見えてしまいます。
まつ毛を上げると目に入る光の量が変化するため、目の輝きがだんぜんアップします
是非、試してみてください。

マスカラは、アイラインと同様に黒かブラウンを使い、なでるように軽くつけます
根元から毛先に向かって、下から持ち上げるように伸ばすのがコツです
キレイについたマスカラはまつ毛を濃く見せ、目の表情を豊かにしてくれます。

もう既に、実践済み、という方も多いでしょうが、まだの方は是非試してみてくださいね。
目元の化粧アイテムの多さには驚きますが、それほどアイメイクが重要ということです
眉、まぶた、まつ毛、目の大きさ、10人10色です。
yuka522031_TP_V

輝く瞳は美しさの象徴♪

キラリと輝いた目は、それだけで若々しく表情を演出してくれる物です。
特に、アイメイクには不可欠です。
アイラインとマスカラの仕上げで、目をぱっちりと目覚めさせましょう

アイラインは一気に描き入れるのがコツです。
アイライナーはペンシルタイプの芯の硬いものが使いやすいでしょう。

色は、日本人の白目を綺麗に見せるためにも、はっきりした黒が理想。
でも、今は目の色がブラウン系が多いので黒はきつく見えるかも知れません。

アイラインを入れる位置は、まつ毛の生え際の内側
目の下側は目尻から3分の1、目の上側は目尻から3分の2までと覚えておきましょう
これを目の下側から目の上側まで、ぐるりと一筆で一気に描きあげるのがポイントです。

yuka522041_TP_V
アイラインは一歩間違うと、いかにも「化粧してます」という顔になります。
一気描き」ならその印象を押さえてくれます。
アイラインが目の内側に入り込んで、描いていないように自然に目になじみます

描いた後、アイラインブラシでぼかしておくと、にじみにくく、取れにくくなります。
時間がたってふいにアイラインが落ちてきて真っ黒という話もよくあります。
忘れずにこの方法でやっておきましょう。

一気にラインを入れるのは、なかなか難しく慣れないうちは線も途切れがちです。
それを修正するにも、アイラインブラシは有効です。
アイラインブラシは毛先きが硬く、小さめのものがベターですが、綿棒でも有効です

yuka522042_TP_V
アイメイクは一番印象を変えることができる大切な部分です。
そして印象をガラリと変えてくれるのもアイメイクです。
チャットレディさんもナチュラルで快活なメイクを心がけてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム