美人は「座り方」も美しい♪

「背筋ののび」が美しさを語る♪

仕事ができて美しい女性に見える座り方とはどのようなものでしょう。

仕事における座り方の第一条件は、疲れないことです。

疲れていては、気力もなえます。

職場では、仕事のできる人が好かれます。

ですから、能率を上げつつ、美しく座ることが大切なのです。

まず、座っているときに、自分のからだの「背骨」のイメージを持ちましょう。

背骨の「S字ライン」をキープすることが、能率を上げます。

そして、長時間座っていて疲れないコツです。

背骨のS字ラインが理想的な位置にある。

すると重い頭をささえるクッションになり、疲れにくくなります。

首の後ろにある神経の束が圧迫を受けないのです。

脳から筋肉への伝達速度が速くなり、仕事の効率が上がります。

この姿勢を維持すると疲れにくくなります。

ドサッと重く見える猫背座りにならず、体重が軽く見えます。

ひじかけのある椅子の座り方も同じです。

「しっかり奥まで座る」のがコツです。

私たちは一日に平均9.3時間座っているそうです。

意外にも、浅くちょこんと腰かけている人が多いという事実があります。

堂々と腰を背もたれにつけて座り、「美人度」を上げましょう。

そして、座っている自分の美しい姿をイメージすることも大切です。

仕事をしていて疲れてくると、どうしても体がずれてきます。

寝そべるように座っているものです。

すると椅子の背もたれの腰のあたりにスペースができます。

骨盤が後傾します。

そのまま長時間座っていると、立ったときに猫背になってしまいます。

脚はガニ股になります。

これを防ぐため、時々奥まで座り直してください。

「ひざ」と「かかと」の角度は90度。

「すね」は垂直のまま傾けないことです。

脚のすべての角度が90度になるように意識します。

よく椅子より内側に足を置く人が多くいます。

ちょこんと、何となくかわいい座り方に見えます。

ですが、これでは反り腰になり、骨盤が前傾してしまいます。

そして、立ったときに内股の癖がつきます。

それを防ぐためには、足元にマットをしくか、椅子の高さを調整しましょう。

「肩」をひねらずに、前に出さないのことも大切です。

耳のラインは垂直に保ちます。

パソコン作業などに集中すると、どうしても肩が前に出やすくなります。

この座り方は内臓を圧迫して消化機能を落とすので、美容の大敵です。

ひじを3秒後ろに引っ張るだけで、肩甲骨のまわりの筋肉が弛緩されます。

肩の位置が元に戻ります。

こまめにストレッチを実行しましょう。

デスクワークではなくてもパソコンやスマホを見ることが多くなりました。

日頃から、姿勢を意識することで印象も大きく変わります。

せっかくの美人なのに、背中を丸めていては宝の持ち腐れです。

姿勢で年齢も老けて見えることもあります。

いつも「自分の背中」に意識を向けましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!