ストレスには二種類ある!?

明るく爽やかな毎日を過ごす♪

仕事が忙しいときや人間関係で悩みを抱えているとき。

イライラして気持ちが落ち着かず、眠れなくなったりします。

その上、食欲が落ちるということもあります。

このような症状に陥ったとき、人はよく「ストレスがたまっている」。

と、自分の心理状態を表現します。

ストレスと聞くと、心身にとって悪いイメージがあると思います。

実はストレスには「快ストレス」と「不快ストレス」の二種類があるのです。

「不快ストレス」は、仕事が思うように進まない。

恋人との関係がうまくいかない。

このようなときに、悩みを抱えて心身ともに疲れているときに感じるものです。

一方、「快ストレス」は、楽しいイベントを前にして緊張する。

職場で責任ある仕事を任されたときに感じるプレッシャー。

それらが該当します。

適度な「快ストレス」は、本来健康には良いものなのです。

心身に刺激を与えて活性化させる役割を持っているのです。

ところが、心身に有益であるはずの「快ストレス」。

それでも、あまりにも強く感じすぎると「不快ストレス」に変わります。

たとえば、心配性の人が旅行の計画をたてたとします。

色々なところから情報を集め、準備万端。

でも、出かける直前になって、急に不安になってしまったのです。

楽しみであったはずの旅行が、不安でいっぱいの憂鬱な旅と変わります。

勿体ない話ですが、心配性の人には実はよくある話です。

旅行は多くの人にとって楽しいものですが、日常と違う生活が強いられます。

そのため、心身ともに疲れますし、かなりの刺激になります。

その疲れや不安感を楽しむことは「快ストレス」となります。

あまりにも強く考えすぎてしまうと、それが「不快ストレス」になります。

旅行の目的は、休養、冒険、自己投資など、さまざまあります。

なかには、付き合いでしぶしぶ、ということもあります。

でも、せっかく日常を離れて旅に出るのです。

誰でもできれば楽しみたい、と感じているはずです。

行く前から、お土産のことをあれこれ考えたり、体調が悪くなる。

そんなときのことを心配して憂鬱になるのは、少し、心配しすぎです。

予定外の出来事も楽しめる心の余裕を持つ。

そのほうが、旅の思い出はよりよいものになります。

慎重に行動できることは良いことです。

ですが、あまりに心配しすぎると、せっかくの楽しみ。

それが、「不快ストレス」に変わってしまいます。

楽しいイベントには適度の「快ストレス」を感じ、積極的に楽しむ。

そう心がければ、明るく爽やかな毎日が送れるのではないでしょうか♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!