「目を見て話す」効力♪

素敵なあなたが伝わる♪

人と話す時はちゃんと相手の目を見なさい。

とよく聞く言葉だと思います。

相手の目を見て話すのがどうして人間関係の基本なのでしょうか。

相手も自分もお互いに目が気持ちの出入り口だからです。

目は会社で言えば受付のようなものです。

銀行や郵便局だと窓口にあたるでしょう。

よその会社を訪問する時は、まず受付の人に用件を話します。

いきなりずかずかと社内に入る人はいません。

そこを通るのが順序なのです。

相手の目を見ないで話すのは、受付を無視して会社に入るようなものです。

単にマナーだけの問題ではありません。

相手との間に信頼関係をつくる第一歩です。

あなたが目をそらせていたら、相手の人はあなたを信用しません。

あなたと話したくないと思うでしょう。

礼儀を知らない人だと思う前に、あなたを警戒します。

信頼というのが大げさすぎると思うかもしれません。

でも、特に初対面の場合相手を安心させるきっかけと言ってもいいでしょう。

相手の目を見ないで話す人は、相手に不安感を与えます。

二人の間に不安定な空気が流れます。

相手は居心地が悪くなります。

そして、あなたを敬遠したくなります。

辺りをついきょろきょろする癖のある人は、だからとても損をします。

相手を不安にさせるつもりがない。

なのに、相手はあなたといることで落ち着かないないのですから。

目を見て話す方が、あなたの言いたいことがより深く伝わります。

あなたの目に相手は熱意を見ます。

あなたの意志、希望、そういったものが、あなたの目に宿るのです。

口元は笑っているのに、目が笑っていない。

よくそんな言葉を聞きます。

目の方が正直だということです。

いくら笑っているように見せたとしてもです。

本当はそうではないというのが目に出てしまいます。

あなたの言いたいことが曖昧だとすると、それが目に出ます。

あなたに自信がないと、それが目に出ます。

自分では気づかないのですが、自然にそうなっています。

相手を安心させる。

用件をきちんと伝える。

目を見て話すということは、これを可能にするのです。

もうひとつ大切なことがあります。

それは、相手に対する親愛の情です。

人の目を見ることで、あなたの気持ちを相手に分かってもらうのです。

人と人が初めて出会い、時間をかけてだんだん打ち解ける。

そして、ついに親しくなるプロセスです。

相手の目を見ると言っても、にらみつけるのではありません。

見るというのをそんな風に間違える人も中にはいます。

そんな風に見られたら、相手はどうしたらいいか分からなくなります。

だから、相手の目だけに集中しないことです。

相手の人全体を見渡すようなソフトな視線を心がけてください。

相手の目から他にも視線を移し、再び目に戻すといった風に。

そうすれば、あなたの真意が相手に伝わります。

相手との間に良好な関係が生まれます♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!