「不満顔」に要注意♪

気づかずに「不満顔」になっていない?

不満が顔に出ると、相手の人に不快感を与えます。

ふてくされているのではないのにそう思われてしまう。

怒っているわけではないのにそう思われたりします。

昔に比べたら、整形するのが特別なことではなくなりました。

整形を希望する人達の自分でも気づかない理由。

それには、美人ではないからと以外にもうひとつ理由があるようです。

それが冒頭で述べた不満顔です。

顔の造形が悪いという以前に、不満が顔に出ていることに問題があります。

そこを直さないといくら整形しても、また同じ結果になります。

でも、本人は不満に原因があると思いません。

老け顔だからとか美人じゃないからとか、その点だけにこだわります。

どんなに高学歴でよい企業に勤めていても光るものを感じない女性がいます。

なぜなら、彼女の顔は不満顔なのです。

顔が醜いという意味ではありません。

いわゆる十人並みの顔でした。

着ているもののセンスも良くなかったのです。

彼女としては精一杯のお洒落をして来たつもりなのでしょう。

ですが、どこかピント外れだったのです。

彼女の表情は服以上に問題を抱えていました。

一流の大学を出て何故かと思うかもしれません。

彼女には仕事場の不満があったようです。

差し障りがあるらしく、彼女はそれをはっきり言わなかったのです。

ただ一つだけ具体的に言ったことがありました。

同じ会社の男性には魅力のある人がいないと、彼女は言ったのです。

恐らく彼女には会社の男性達が下に見えていたのでしょう。

それが彼女の本音です。

また、彼女は皆から可愛がられていなかったのでしょう。

これは想像ですが、会社の男性に魅力を感じない。

それは逆に、好かれていなかったことを意味します。

彼女は曖昧にしていたこと。

本当の不満は仕事そのものにあったのが想像できます。

誰といる時も同じように、不満顔でいるはずです。

ここまで聞いていると「どうしてそんなところまで分かるの?」

「想像で印象づけしているだけじゃないの?」

このような疑問が生まれるかもしれません。

でも、想像力は馬鹿にできないものです。

もちろん自信満々に想像しているわけではありません。

少し話せば相手がどんな人なのかぐらいは分かる人もいるのです。

ある程度年を重ねた人ならばことさらです。

不満顔の女性と話していて、あまりいい気分はしません。

不満顔はこちらも不満を感じるからです。

そういう女性からは誰かといる時間を大切にしよう。

とする気持ちが感じられません。

食事ができるだけでいい、という認識だけと思われます。

自分がどの程度の人間かをちゃんと知っている人。

そういう人は、不満顔になんかなりません。

自分を過大評価している(自惚れの強い)人だけが、不満顔になるのです。

自分では気づかないうちに自分は人と違う部分がある。

そういう気持ちが顔に表れ、それに見合った扱いをされていない...。

それが「不満顔」となって表れてしまうことがあります。

身に覚えがある女性は気をつけるようにしましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!