「収納上手」でいい女になる♪


「くたびれた服」は「くたびれた女性」にする

「クローゼットの中はいっぱいなのに、なぜかいつも着ていく服がない」。
あなたはこうした悩みに陥っていませんか?
これは、「生きた服」を持っていないからです。

たくさんの量を持っていても、活用できないのでは意味がありません。
コーディネート.買い物上手への道は、自分のワードローブの持ち物を把握する
そのことから始まります。

3ヶ月に一度、半年に一度と決めて、定期的に自分のクローゼットをチェックしましょう。
あなたの服の中で捨てるべきものは次の5つです
部屋

①くたびれた服
②サイズの合っていない服
③パーソナルカラーではない服

④流行遅れの服
⑤2年以上着ていない服

「くたびれた服」はあなたを「くたびれた女性」に見せます。
「色あせた服」はあなたを「色あせた女性」に見せます。

「もったいないと」と服を大切にするのは、いいことです。
ですが、「服のヨレ」「毛玉」「汗ジミ」など傷みが目立つようになった。
そうならば、服に感謝しつつ、どんどん手放していきましょう。

「サイズの合っていない服」や「パーソナルカラーでない服」。
「流行遅れの服」も同様です。

「いつか痩せたら着よう...」って、いつになるのでしょう?
「後で着るかも...」って、いつでしょうか?
今着ないのであれば、実際に着る可能性はほぼありません。
TKBmokomoko_TP_V

服にはエネルギーやパワーがあります。
「たんすのこやし」になっている服は、部屋の気の状態を重く停滞したものにしていきます。
いいクローゼットとは、短い時間で簡単にコーディネートできることです。

そのためには、服の量が多いことが重要なのではありません
本当に役立つアイテムが見やすく収納されていることが重要です
見やすいクローゼット収納のポイントがあります

①できるだけハンガーにかけましょう
②アクセサリーは高価な物や小さな物はジュエリーボックスにしまいましょう

④③以外のものは、フックやハンガーへ洋服と一緒にかけておきましょう
⑤鉄板コーディネートを最低5セット作っておきましょう

このワンピースにはこのジャケット、このニットにはこのパンツ。
こういった「鉄板コーディネート」をセットにしてハンガーにかけておきましょう。

⑥靴とバッグは見えるところに収納しましょう
3シーズン対応可能なアイテムで、自分流のクローゼットを作りましょう。

NS628_yumewotumekomu-thumb-autox600-14091
気の重い大掃除は済みましたか?
お部屋全部は無理でも、お洋服の整理はしておきたいものですね。
服からパワーやエネルギーをもらうためにもぜひ実践しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム