言葉に「思いやり」を注いでますか♪


親しき仲にも礼儀あり♪

言葉遣いというものはとても面倒なものです。
どんなに気をつけてもふと出てしまう言葉。
何気なく言ってしまう言葉というものが存在します。

本人が気づかず、相手だけが傷つく言葉です。
なので、なかなか始末に追えないともいえます。

どのような場面でそのような言葉が出るか?
それを知っておくだけでずいぶんと防げるのではないでしょうか。

例えば、よく言われる言葉としてはつぎのようなものがあります。
「彼はまだできないの?」「専業主婦ってうらやましい~」。
女性同士の間ではときどき話題に上がると思います。

前者の場合も後者の場合も、もちろん言っている本人に悪気はないと思います。
相手を困らせてよろうとか、いじめてやろうとか、特別に思っているわけではありません。
TAKEBE160224110I9A0365_TP_V
ではなぜそうなるのでしょうか。
理由は簡単です。

相手が置かれた状況、環境をいっさい考えない
ただ自分の判断で一般的な常識でものを言うからです

前者の場合は、何か人には言えない理由で彼ができないのかもしれません。
後者の場合は、主婦業に様々なストレスを抱えているかもしれません。
人それぞれに事情はあるものです。

端で見ているより大変なことはいくらでもあるのです。
それを思いやる優しさに欠けてしまうことが、ついあるものです。

相手のことをすべて思いやることはできないでしょう。
できる範囲内で相手の置かれた環境や状況、考え方などを考慮して話すことが重要です

しかしそうはいっても、相手のことを全部理解することは無理です。
相手が置かれた状況や考え方を100%理解して話すことも無理なことです。

そこでその対策として、言ったほうの立場ではなく、言われたほうの立場の人。
お互いにカチンとなることを言われたとしても、気にしないようにすることです。

いわゆる「お互いさま」と考え、水に流すのがいいのです
人間関係ではまったく相手を傷つけないことなどあり得ません。

どんなに思いやりにあふれた人でも、何かしら相手を傷つけているものです。
その程度が大きいか小さいかだけの違いです。

TAKEBE160224100I9A0559_TP_V
何かの言葉で傷ついても、それと同様にあなたも必ず誰かを傷つけている言葉を使っている。
そう思って相手のことを許しましょう。

もちろん精一杯、相手のことを思いやる、相手の置かれた状況を汲み取ることが必要です
それ以上は、「お互いさま」と考える習慣を普段から身につけておきましょう
そのような態度ができる人ほど、人からモテ、人気のある人であることは間違いありません。

garasu
普段からこの習慣をつけておく利点はたくさんあります。
チャットレディのお仕事にも、もちろん役立ちますね。

相手がお客様であると考えたなら、「お互いさま」と考えるのは難しいことです。
だからこそ、発する言葉ひとつひとつに思いやりを持ちましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム