「褒める」「褒められ」上手になろう♪


「褒める」気持ちを常に持ち歩こう♪

人は自分のことを褒められると、褒めてくれた人のことが一気に好きになります
たとえ「お世辞だろうな」と思うような褒め方。
それでも、褒められるとその日一日ハッピーな気分で過ごせてしまうほどです

褒めてもらうことはありそうで意外に少ないものです。
褒めてくれる人に特別な好意を感じるのはそのためです。
会話上手の女性は「褒める」を絶えず持ち歩き、その方法も極めています。

例外はありますが、男性は仕事や運動神経などの能力=内面
女性は顔、スタイル、服装=外見を褒められると喜ぶ傾向があります

YUKA863_uresiina15202157-thumb-815xauto-18745

ただし、これだけでは他の人の褒め方と差がつきません。
そこで敢えて一番優れたところではなく、誰も気がつかない良さを探して褒めるのがポイント
そして具体的に「いつ、どういう場面で、どういう理由で」そう感じたか伝えること。

「○○さんはソフトな優しい声をされていますね」。
「先ほどお目にかかったばかりなのに、とても癒された気分になります」。

この様に褒めると、ただ「仕事ができるんですね」と言われるより新鮮で嬉しいはずです。
あなたらしい褒め言葉で、相手の新たな魅力を教えてあげましょう
ここがチャットレディの腕の見せ所です♪

上手に褒められることも大切♪

「褒める」ことと同じく重要なのは「褒められる」ことです。
人を褒めると褒め返されることが多いものです。
にもかかわらず褒められ方の下手な女性は少なくありません。

なぜ、上手に褒められなければならないのか?
それは、褒める側の立場に立てばわかるはずです。
褒めることは勇気がいります。

思い切って褒め言葉を口にしたのに、受け手が照れ隠しで「そんなことないです」と流される。
その上、可愛げのない対応をしたのでは、せっかくの気持ちが台無しです。
電車で席を譲ったのに、冷たく「いいです」と言われたような気分になります。

褒められると「どう反応してよいかわからない」という人がいるかもしれません。
そのような人は「客観的に見た自分の魅力を教えてくれている」と捉えましょう。

素直に自分の新たな長所と受け取るのが大切です。
そして、「初めて言われました。うれしい!」と答えればいいのです。

褒めた人も、あなたの新たな魅力の第一発見者になった気分になります
そして、あなたへの親近感も増すでしょう

0I9A5450ISUMI_TP_V

「褒める、褒められる」という行為はお世辞のやり取りではありません。
コミュニケーションの絆を深めるツールになるのです。

チャットレディにとっては、「褒められる」=「リピーター」に繋がります。
一回でも多く褒めて頂けるよう外見だけに限らず、「会話」にも磨きをかけましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム