男性が求める「話し相手」とは?


男性が求めるのは「聞き上手な女性」♪

男性は、女性が些細なことで悩んでいると「そんなことないよ」。
こう励ましておいて、実はその裏で自分こそ些細なアレコレ悩んでいたりするものです。

いつでも「俺はこの先どういう道を歩んでいけばいいのか」。
「自分の能力を生かすにはどうしたらいいのか」。
このような感じで、ウジウジ考えているのです。

そんなときに「この先どうするの?」
などという詰問調の言葉は口が裂けても言ってはいけません

さらに男性は、自分のコンプレックスには触れてほしくないところがあります
その反面、自分の得意な分野について語るのは大好き
このように、わがままで子供のような生き物でもあります。

横で一生懸命話を聞いてくれる女性にコロリとやられてしまうということがよくあります
「話し上手より聞き上手」とはよく言われることですが、これはとても難しいことです。

あなたも経験があると思います。
自分が話すよりも相手の話を聞くほうが体力を使っているのです。

何かを話すということは、何かを聞いてもらうということです
話す側は話すことでリラクゼーションや癒しを得ているのと同じです

ELL54_ha-bunoyoseue_TP_V

聞く側も常に「相手の話を聞かなきゃ」「あなたの話を一生懸命聞いています」。
それをアピールするプレッシャーがつきまとい、体力を加速的に消耗させます。

また、ただ座っていればよいわけではありません。
「そうですね」「すごいですね」と相手の話をきちんと理解する。
そのうえで相づちを打つという行為も必要とされます。

「あ、そう」「ふう~ん」などという単純な相づちばかりをしていたとします。
話し終わった後に、「あ、自分ばかり話しすぎたかな~」と話し相手を後悔させてしまいます。

相手の話に合わせながら相手をホメつつ、相づちも2~3度続ける
その後は「それはどういうものなの?」と興味を示すような質問を盛り込む
相手が自分ばかり話したということすら気づかないような展開にしてしまうのです。

実は「聞き上手」には、饒舌さを求められているのです
男性が「彼女と会うと幸せな気分になる」などと、コロリと参ってしまう。
それがまさに理想の聞き上手です。

YUKAPAKU3282_TP_V

ただやみくもに相手の話を聞いているのではなく、一緒にトークしたほうがずっと楽なはずです
会話は言葉のキャッチボールです

たくさんの会員様にをゲットできるように、言葉を磨きましょう。
聞き上手は、チャットレディの最高の武器になるはずです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム