「語尾」と「ワザと」の効用♪


『語尾』にこそ心を注いで♪

美しい話し方の条件にはいろいろあります。
もっとも大切にしたいのが『語尾』です。

「~ですよね」と言うときの「ね」、「~ですか?」の「か?」であったりです。
たった一音ですが、そこに気持ちを注入すると気持ちや個性を表現することができます。

話の内容に気を使っても、『語尾』の響きを大切にしている人は少ないのではないでしょうか。
たとえば、高級レストランの店員の話し方が美しくても、冷たく聞こえることはありませんか?

話し方には心が表れます
特に『語尾』にはそのときの気持ちが出やすいものです。
目を見ながら、相手の前に「そっと置くように」発音してください

また『語尾』はTPOによって、さまざまな気持ちを表現することができます。
やる気を売り込みたいときはハキハキと元気に
謝罪のときには反省の気持ちを込めて...

語尾にこそ、個性や気持ちが出ると意識して大切に発音する
それだけで、相手心を通じさせることができるのです。

『語尾』は相手の心に残るあなたの余韻です
最後まで気を抜かないようにしましょう

sayan07

『ワザと』のテクニックで、相手にスキを与える♪

会話を盛り上げるには、ときには相手に付け入るスキを与えましょう。
キーワードは『ワザと』です

たとえば、『ワザと知らないフリ』をする。
知っていることであってもあえて知らないフリをして、相手に話すスキを与えるのです
「えっ?そうなんですか?」「知りませんでした!」と言ってみてください。

相手は「そんなことも知らないの?教えてあげよう」という優越感に浸ることができます
さらに、自分が話をリードする満足感で、あなたとの会話を心地良いものと感じるのです

また『ワザと驚く』のも効果的です。
大したことのない話でも、目をキラキラさせてオーバーなくらいの驚きましょう
すると、相手はとても話し甲斐を感じるものです。

そして時には『ワザとボケてみる』のもおすすめです。
特に、男性との会話では好感度をアップさせ、一気に親しくなることができます
『ワザと』のテクニックは、相手に気分良く話をしてもらうためのテクニックです。

SAYA151005588348-thumb-autox1000-21269

でしゃばり過ぎたり、度が過ぎたりして自分が主役になってしまわないように。
あくまで引き立て役に徹する姿勢が大切です

『語尾』に心を込めて、『ワザと』のスキを入れる...。
普段何気なく交わしている会話に、手を替え品を替えと忙しく感じるかもしれません。

しかし、それだけでも大きな効果があるのです。
会話下手と悩んでいるチャットレディさんは、少しずつ「技」を取り入れてみてください。
お仕事上だけでなく、日常にも必ず役に立つことなのですから...♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム