「年齢」に流されない♪

器を感じさせる人、させない人

いくつになっても輝いている人と、年を重ねるごとに色あせていってしまう人。
その違いは年齢の変化に合わせて自分を変えられるかどうかにあります
年齢がいけば、顔も体も変化します。

二十代のときに似合っていた口紅の色は、三十代では似合わなくなります。
昔は「かわいい」と言われたチャームポイントが、今はチャームポイントではない..。
そんな残念な結果になっているかもしれません。
kawamura1029IMGL4485_TP_V

人間である以上、「老化」は避けられないことです。
でも、その言葉を「進化」に変えてみてはいかがでしょうか?

「年だから仕方がない」とあきらめたり、開き直ってオバサン化していく。
そうならないようにこ、現在の自分に似合うもの、美しさのポイントを知りましょう
必要なものを取り入れていくことが大人の女性への「進化」です

上手な進化は、最も美しいときの自分と比べて、自分の容姿が衰えてきている。
その事実を自覚するところから始まります
若い頃の自分のままでいたい人は、大人の女性に成長したくない人でしょう。

たとえば「私はスポーツをやっていたから、とくに運動しなくても大丈夫」。
と言う人がいます。

でも、何十年も前にスポーツをやっていただけで、現在は何もしていない。
というのでは、体力や体の若さを維持できるはずがありません。
skincareIMGL7888_TP_V
十代のときに「肌がきれいだから、ノーメイクのままでも美しい」。
と言われたからといって、いくつも年を重ねてもノーメイクのままでいる。
というのはどうでしょうか?

かつては輝くような美しい肌であっても、年齢とともにシワは増えます。
その上、くすみやシミが出てきます。
そのままの素肌では、もう勝負はできなくなっているはずです。

最高の状態にいたときの自分をなかなか忘れることができない。
そこにしがみついていることほど愚かなことはありません。

年を重ねれば、できないことも増えてきます。
その変化に合わせて進化していくには、ヘアカラーの色を変える
また、ヘアスタイルを変えたりすることが必要です

口紅ひとつにしても、キレイなピンク色の口紅は美しさがあってこそ似合う色。
ある程度の年になってからの肌なら、くすみもなく真っ白な肌の方ではない限り無理です。
キレイなピンク色がかえって肌のくすみを目立たせてしまいます

変化に気づかないでいたり、忘れてしまうのは怖いことです。
若いときの自分とは変わってきていることを理解しましょう

それに応じて進化している人ほど年齢相応の輝きを放つことができます
それが、色あせることなく「大人のいいオンナ」になっていくキーポイントなのです

007KZ1868_TP_V
若いことが全てではありません。
年齢を重ねなければ出ない魅力もあります。
いくつになっても美意識をもっていきましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!