チャットレディを札幌で本職として仕事した場合のメリット、デメリットについて

こんにちは!ちょこ札幌事務所スタッフです。

近頃、在宅勤務も主流になりつつあるご時世。

スマートフォンがあれば仕事が成り立つ時代にも差し掛かっているといっても過言ではありません。

そんな中、チャットレディは、業務時間を自分で調整することができたり、高収入ということもあり注目されています。

そこで今回は、チャットレディの仕事を本業として生計を立てていくことは可能なのかについて、メリット、デメリットそして稼ぎ方などをさまざまな角度からご紹介していきたいと思います。

チャットレディは本業に適しているか

チャットレディは、時間に縛られることなく自分の好きな時間に働くことができます。また、努力の積み重ね次第で、報酬も上がるというメリットから効率良く稼ぐことができるとあって、本業や専業として働いている人は意外に多いのです。

チャットを積み重ねることで、お給料面にしっかりと反映するところも嬉しい魅力の一つです。稼ぎが安定してきたら、本業化するという声も多数。

また、近年SNS等でライブ配信が馴染みやすい世の中になりつつあります。その影響を受け、ライブチャット業界でもライブ配信の需要が高まってきているのです。

ライブ配信は、身近な距離感で親近感を感じやすいという魅力があり、ここ数年で人気を増しています。

本業化するメリット

・高収入を得ることができる
・時間に縛られることなく、自由に働ける
・固定のファンを作りやすい

・高収入を得ることができる

チャットレディの仕事は、〝チャット時間〝によって収入が変動します。よって、〝どれだけ長い時間チャットをするか〝が大切になってきます。

時間が報酬に直接繋がるため、稼ぎたい人は出来るだけ長時間チャットをしたいですよね。その成果を得るためには、やはり安定した常連さんの獲得がとても重要といえるでしょう。

常連さんを作ることで、稼ぎの安定だけでなく、心の安定にもつながりますよ。副業と本業で異なるのは、本業であるとより長い時間チャットレディの仕事に費やすことができ、より多くのお客さんと向き合うことができるのです。

副業であると、短時間になりやすいのでファン獲得もまばらに…。本業であれば固定客も増え、副業時よりも収入を得ることができますよ。

・時間に縛られず、常連さんを作りやすい

本業であれば、より一層好きな時間にチャットをすることができます。

チャットレディの仕事一本なので、他の仕事の都合や予定を気にすることなく、ライブ配信やログインに専念することができます。

その結果、仲が深まるお客さんが増え、お客さんがログイン時間を合わせてくれるケースもあります。お客さんから来てくれることが多くなるとファン獲得のチャンスに。

そのように、お客さんからの要望に答えることができるので、固定客がつきやすくなります。お客さんにとっても、安定したログインであると信頼関係が生まれやすいのです。

自分のペースで自由に働くことができるので、時間に縛られたくない人にはおすすめです。

本業化するデメリット

・成果報酬によるリスク
・知人や家族からの理解
・履歴書に書くことへの抵抗感

・成果報酬によるリスク

チャットレディの仕事は基本的に、やればやるほど報酬がもらえるという成果報酬の仕事です。多くのお客さんを獲得すればその分稼ぐことができます。

しかし、稼げる場合はあくまでも常連さんが安定しているケースに限るということです。固定のお客さんが付かなかったり、常連さんがなかなかできない場合は、稼げないというリスクを伴います。その場合、チャットレディを本業とすると、収入源の保証はなくなるということになります。

ただし、様々なチャットレディの人たちのケースを見ていると、給料が入ってこないというリスクは極わずかであります。なぜなら、チャットレディ以外の仕事と比較してみても、その給料の2、3倍と稼ぐことができているので、生活に困るという悩みは聞かれません。

・知人や家族からの理解

チャットレディの業務内容は、男性を相手にする、アダルトな内容を含む場合がある、身の危険を伴うなど。安易に知人や家族に言いずらい部分があります。

また、理解を得るといった点でも難しい仕事ともいえるでしょう。極秘で働いている場合、バレたときにどのように説明するべきか、と悩む女性も多くいます。

このように人に言いずらい仕事だからこそ、自分ひとりで抱え込みながら仕事のストレスを抱えてしまうというケースも少なくありません。

ストレスを抱えてしまうと、お客さんの前での表情や態度にも表れてしまいます。よって、仕事面でも不安定になってしまうので、同業仲間や理解ある人に相談できる環境を見つけるなど、自らの発散方法を身に付けることが大切です。

・履歴書に書くことへの抵抗

チャットレディの仕事を本業として経験した上で、再度他の職業に再就職を希望するケースもあるでしょう。

その際に、履歴書への記載が必要になります。しかし、チャットレディと経歴に書くことに抵抗感を抱くと思います。水商売と履歴書に書くケースは目を引くのと同時に、面接でも不利になる場合も多いといえます。

履歴書を通して、その人の歩んできた経歴の理解につながることが多いので、履歴書に書きずらい点は本業化するデメリットといえるでしょう。

いかがでしたか?

ここまで、チャットレディの仕事を本業化した場合のメリットとデメリットを紹介させて頂きました。

働き方において、自分の中で何を優先するのかを考えて選択してみてくださいね。「お金が必要」「稼ぎたい」など、本業であるべき理由を明確にすることが大切です。

また、ちょこ札幌の事務所スタッフの中には、チャットレディ経験者も多数在籍していますので、何か分からない事や不安な事があれば、何でも気軽に相談してくださいね♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!