「頼りになる!」


「頼りになる男」が、男性にとって理想の男。
頼られると、「頼りにされるほど出来るオレ」ということで
プライドをくすぐられるのです。

それを利用して、男性に何かをしてほしいときには、
まず「頼っちゃっていいですか?」の一言を付け加えると効果的。
いきなり、「ねえ、あの荷物とって」というのか
「ちょっと頼っちゃっていい?あの荷物とってくれないかな」
と言うのとでは、大違いなのです。

自然な流れで複合技へ

頼りにしていると思わせる一番簡単な方法は、悩み事を打ち明けてみること。
内容は仕事のことでもいいし、カジュアルなことでもいいのです。

(○○さんは頼りになるそんざいだから相談するんですけど、という気持ちを込めて)
「こういうときはどうしたらいいんですか?」

と持ちかけてみる。すると、
もともと男性は説教が大好きなので、おそらく
「こうすればいい、ああすればいい」と語り始めるでしょう。

そしたら、「すごーい」という気持ちを込めながら
「そうかあ」「なるほどねぇ」と関心したように相槌をうつ。

最後には
「こんなにきちんとアドバイスしてもらったの初めて、相談してよかったです」
と、第1,2弾のフレーズと複合技に持ち込むことも出来ます。

そして、
「これから頼っちゃってもいいですか?」
などと付け加えられたら、完璧すぎて怖いくらいです。

ささいなお願いをするだけでもいいのです、
ちょっと頼っちゃってもいいですか?パソコン一緒に選んでくれませんか?」
でもいいし、
「今度、友達とご飯を食べに行くんですけど、どこかいいお店知りませんか?」

「ああ、表参道にいいイタリアンがあるよ」

「わー、頼りになるー!」
のようにも使えます。

男は頼られ続けると・・・

あるお宅で、
「お父さんが淹れるコーヒーはやっぱり違うわね、おいしいわね」
と言い続けていたら、火事など全くしなかったお父さんが
嬉々としてコーヒーを淹れるようになった、というエピソードを聞きました。

そこで奥さんは調子に乗り、
「お父さんは我が家のコーヒー部長ね!頼りにしてるわ!」
と部長に任命したそうです。

すると、お父さんはお客さんが来るたびに
「オレ、部長だから」
と喜んでコーヒーを淹れてくれているそうです。

部長として頼りにされているので、コーヒーマメの選定から、入れ方、
サービスに至るまで、すべて責任を持ち
お客様満足のためには手を抜けないのです。

まとめと応用ワザ

男はいつまでも、頼られる存在でありたい。
逆に頼られないと寂しくなってしまいます。

だから、女性には(多少の)わがままを言って欲しい。

彼女や奥さんがわがままで・・・と愚痴っている男性は、
そう言いつつもどこか得意げだったりしますよね。
「女性がわがままを言えるほど、器が大きく頼りになるオレ」という
喜びに浸っているからです。

この心理はチャットで非常に有効です。
うまくお客さんに頼って、気に入ってもらいましょう。

応用ワザで
「○○さんの前だとついわがまま言っちゃうの」というのもよく効きます。
言外に「だって、あなたって本当に頼れる存在だから」
という雰囲気をおもいっきり醸しだしてあげるのです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム