習慣化することで「スレンダー」に♪


ダイエットに役立つ習慣をつけよう♪

食べ過ぎはよくないとわかっていても、つい口寂しくなるときがあります。
気がつくと何かつまんでしまう...。
そんな食いしん坊な人は、食べ過ぎを防いでくれる方法を習慣にしていきましょう
miuFTHG2011_TP_V

何か食べたくなったら、食べる前に必ず「何か飲む」という習慣をつけましょう
これは案外、「食べたい」という意識そらせてくれます。
しかし何を飲むのか、その「飲み物」が問題です

糖分の入っていない限りなくカロリーゼロがお勧めです
もともとお水が一番ですが、それだけでは物足りないときは、お茶がいいでしょう。
ハーブティーなど香りのものは、気分が変わり、食欲がどこかに消えていきます。

また食べる場所を一か所に決めてしまうのもよい習慣です
食事もおやつも「この場所以外では決して食べない」というルールを作ります。
食事自体をコントロールするのはなかなか大変なことですから、ひとつの方法なのです。

YK0I9A6222_TP_V
ソファーに寝転がってテレビを観ながら食べたり、ベッドで本を読みながらワインを飲む。
どこでも、食べたり飲んだりするクセをつくると、つい過食してしまいます。
ですから食べる場所はひとつにまとめてしまう。

これをきつく自分に課しましょう。
テーブルの上でしかものを食べないという習慣をつけることで、食べ過ぎを防いでくれます

ビデオやテレビを観ながら食べたりする「ながら食い」もご法度です。
食べる場所を一か所に決めたとしても、食事中に画面に気をとられながら食べる食べ方は太ります。

「ながら食い」になると意識が食事に向かなくなります。
食事をしたという満足感が脳に伝わらず、量を食べ過ぎてしまうことにつながるのです。

食事は目で見て、舌で味わい、ゆっくりと楽しみながら食べる
そのほうが満足感、満腹感ともに高まります

過食にならないためにも、きちんと料理と向き合って、一品一品を味わうようにしましょう。
家の中に余分な食べ物を置かないことも大事な習慣です

お菓子屋食材の買い置きをしない。
買い物に行くときは、衝動買いをしないような空腹時を避けることも守ります。
必要最小限のものだけ買えば、余計な食べ物を置いておかなくてすみます。

ELFA0704IMG_1532_TP_V
もしお菓子の買い置きがあっても、すぐに手を伸ばせるところに置かないでください。
きちんとしまって、食べるとき袋ごと出さず、少しだけお皿にとる出すようにします。

冷蔵庫を意味なく開ける習慣もなくしましょう
「食べ物を探す」クセがなくなると、つまみ食いや間食をする回数は確実に減っていきます

どれも、ほんの少し気をつけるだけで習慣にしていくことができるものばかりです。
あとは自分の意識次第です
「つい食べ過ぎてちゃって」という人は、頑張って習慣化できるようにしていきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム