「しゃがみ」の姿勢まで美しく♪


美人は、しゃがんでも色っぽい♪

意外な組み合わせ、つまりミスマッチな印象。
それが、見る人をドキッとさせることは多々あります。

じつは、しゃがんで「姿勢が崩れている」
そんな状態であっても、美しく見せる方法があります
しゃがむときの動きは、「逆ひねりで」と覚えてください。
TIG78_isunisuwattajyosei_TP_V4

動作の方向とは逆に、からだの一部をひねる
そうすることで、ウエストラインがはっきりして女性らしさが強調されます

この逆ひねりは、西洋の絵画において、ベットの上で横たわる女性らしいポーズ。
として好まれます。

からだの正面は見せずに背中、おしりが見えていて、「何か?」
というように、顔だけでチラッとこちらにひねっています。

何か気になるのは、心理学でいうとこう考えられます。
「胴体の向きが本音で顔の向きは嘘」をついているかもしれません。

着物を着る風習がある日本の女性はウエストをあまり意識していませんでした。
世の風潮からも、プロポーションを自慢するというのはもってのほかでした。
はしたないことにされていたのです。

日本における女性らしい美しいしぐさの要
それはおだやかにからだを傾けて優雅に科(しな)をつくることです

IMARI20160806045717_TP_V
さて、実際にはどんな場面で、この態勢が使えるのでしょうか。
もっとも多いのは、友人の家にあがり、脱いだ靴をそろえるときでしょう
玄関では、靴を入って来た方向のまま脱ぎ、部屋にあがりスリッパを履きます。

それから半身になって中腰で座り、主人側にお尻を向けないようにします。
上半身だけ外のほうにひねって、靴の足先を玄関の外に向けてそろえます。

「逆ひねり」は、こんなときにも使えます。
歩いて落し物をしたときに、振り返りながらしゃがむ
子どもを寝かしつけるときに、ベットに腰かけ、顔だけ子どもほうを向いて話す。

服の生地が引っ張られて、普段顕わにならないウエストラインがはっきり見える
それが男性には、ドキッとする瞬間なのです

もっともボディコンフェチは男性ばかりではありません。
ある女性はつり革につかまっている男性のスーツの「背中のしわ」にときめくそうです。

隠されたボディラインを感じさせる動き
それがふとした瞬間にハッとした美しさを感じさせるということを、覚えておきましょう

nyankomeido_TP_V4
半身になって中腰で座り、上半身だけ外のほうにひねる。
このポイントはしっかりおさえておくことが大事です。
待機中のチャットレディさんもこの「ひねり」を加えたしゃがみを活用しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム