自分の「資質」を正しく活かそう♪


女性的感性をポジティブに使う♪

私たちが持っている女性的な繊細な感性は、表と裏の面を持っています
たとえば、生まれながらに繊細な感受性を持っていたとしてもです。

それが「細かいことに気づきすぎて神経質になり、周囲の人を責めてしまう」。
そのことに使われてしまえば、幸せになれることはありません。

あるいは、感情が豊かでロマンティック。
それも、「感情のブレーキがきかずにヒステリックに相手を追いつめてしまう」。
それに使われてしまえば、人との関係はうまくいきません
TAKEBE160224360I9A0623_TP_V

女性的な側面は、ネガティブに働いてしまうことがあります。
物事を順序立てて考えるのが苦手だったり、何事にも敏感になりすぎる。

自分の気持ちを感情的にぶつけてしまう。
将来のことより目先のことでいっぱいになってしまったりします。

これらは女性的な資質が一時的にコントロールできなくなっています
ということは、ネガティブな出方をしていることです

大切なことは、自分の資質を正しく理解し、自制するということです
自分で修正していくことで、これらをすばらしい資質としていかすことです
実例を見ていきましょう。
kazukihiro0803DSCF5656_TP_V

□ヒステリックになってしまう
繊細で気づくことが多いため、相手を責めてしまいがちです。

その敏感さは自分特有のものだと気づき、その気持ちを「私しか気づけないんだ」
という心づかいに変えてみましょう

□がまんして爆発してしまう
もともとの忍耐強さを犠牲的に使ってしまっています。

その忍耐強さを、ただ自分が我慢することではありません。
嫌なことを嫌だと伝えたうえで「相手が変わるのを待つ」ことに使ってみましょう

□気分屋で情緒が不安定
感じやすいため、ちょっとしたネガティブな出来事に引っ張られてしまいます。
なので、感情のコントロールができなくなりがちです。

まわりの気分や態度に流されやすいため、あえて最初から美しい人
尊敬できる人と関わるようにすると安定します

□いつも悩みを抱えてしまう
一つの物事に打ち込めるという資質です。

その集中力を悩みに集中させるのではなく、自分磨きや趣味や仕事に向けてみる
すると、ぐんぐん結果が出ます

□正しさを強調しすぎてしまう
しっかりした正義感を持っているのはいいことです。

ただ、相手を否定する言い方をすると、せっかくの正しさもただの批判になってしまいます。
あくまでも自分の意見として、冷静に伝えるように心がけましょう

□美にこだわりすぎてしまう
過度になれば買い物依存症になりかねません。

たしかに、ファッショナブルで美意識が高いことは素晴らしいことです。
自分のお財布であらかじめ支出額を決めて、おしゃれを楽しみましょう

blackmondayIMGL0444_TP_V
あなたはどのような資質をもっていますか?
そして、その感性や感受性は周りの人たちに好印象を与えているでしょうか。
もし誤った部分があったなら、前述を参考にして改善していきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム