「視線.言葉管理」も思いやり♪


「見ない」「言わない」「気づかない」

気遣いは「相手が心地よいと感じるか」が大事です。
あえて「見ない」「言わない」「気づかない」のも気遣いのうちです
人は、ふとした無意識の「視線」を敏感に感じ取ったりするものです。

ある男性は、初対面の女性がビジネスシーンにもおいて。
結婚指輪があるかどうかを確認する視線に気づくと言います。
すぐさま確認されると、品定めされているようで居心地が悪いと話していました。

女性にとっては、さりげない視線のつもりかもしれません
ですが意外と相手は気づいてしまうものです
max16011422_TP_V

顔にニキビなど出来ていたとき。
会話をしている相手の視線がとても気になったことがあると思います。

「ニキビをジーッと見ているな」と感じたときには、いたたまれない気持ちになります。
結局会話に集中できなくなってしまいます。

些細な視線で相手に気を遣わせてしまうこともあります。
相手に気を遣わない「視線管理」に気をつけたいものです

でも、どうしても気になるもの、違和感があるもの。
それを見たくなってしまうのが人間の性です。
miuFTHG1532_TP_V
そういうとき。
「私はつい見てしまう癖がある」ということをしっかり認識してください。
会話の最中ではなく、何か動作をしたときなどにさっと視線を向けるようにしましょう

「先日、○○にいましたよね」はNGワードです
その場の状況を考慮して、余計なことを言わないのも一つの気遣いです。

特にビジネスにおいては、「○○にいましたよね」
この言葉は気安く言わないほうが無難かもしれません

プライベートの時間を大切にして人が多いからこそ、注意したいひと言です。
状況によっては、「言わない」というのも一つの気遣いになるのです。

CRI_IMG_6008_TP_V

「気づかないふり」もときには大切

あるカフェで女性が失恋でもしたのか、泣いていました。
まわりの人にぐちゃぐちゃな泣き顔を見られるのが恥ずかしそうです。
だから、窓の外をずっと見ているふりをしているのです。

オーダーを聞きにきたスタッフは当然、その様子に気づきました。
すると、その女性のオーダーを後回しにしたのです。

そして、しばらくしてもオーダーがないのでその代わりにしたことがあります、
「いつでもお飲み物をお持ちしますので、声をおかけくださいね」。
そう書いたメモをテーブルにそっと置いたのです。

スタッフが状況を察して、声をかけないでいた気遣いに、気持ちが温かくなったはずです。
無意識に、また不用意に向けたちょっとした視線や言葉。

それで、「気遣いがない人」と思われるのは残念なことです。
視線管理、言葉管理も思いやりということを忘れないようにしましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム