「恋愛一色」の女性は魅力がない!?


待つ時間を有意義に過ごせる女性は魅力的♪

「仕事が命」である男性が望んでいるのは、自分が忙しいとき。
一人遊びができる女性です

自分が忙しいとき、一人で遊んで楽しく暮らしている女性。
自分のことを待っているというより、好きなことをやって楽しんでいる女性
そういう彼女だからこそ愛おしくなり、仕事が片づいたら会いたくなります
kuchikomi923_TP_V

男性は女性に「男の人は仕事が大切だから」と言ってもらいたいのです。
その一言に男性は弱いのです

「ああ、彼女は自分の仕事をよく理解してくれている。ありがたい」。
と彼女に感謝し、男性は仕事が片づいたらあなたと思いっきり遊ぶぞ。
という計画を立てるでしょう。

ところがこの気持ちをちゃんと伝えれば女性は安心するという発想。
それは、男性には残念ながらありません。
しかし、彼は口にしませんがあなたに感謝しているのです

その反対に、男性が忙しいときに邪魔をする女性には、一発で恋が冷めます。
「なぜ、自分を疑うんだろう?なぜ信用してくれないんだろう?もう終わりだ!」。
となります。

極端ですが、これが男性心理です。
男性の命である仕事の領域を女性が犯したからです。
OOK0I9A1997_TP_V
今まで友好だった関係が、一度の邪魔をされただけでおかしくなった。
そんな例はたくさんあります。

そんなとき男性はこんな態度に出ます。
仕事が忙しくて、へとへとに疲れているのに彼女からメール。

「なんでメールくれないの?今度いつ会えるの?」。
疲れた...無視
数日たって彼女から生存確認メール...無視

彼女の苦悩とイライラがメールで伝わってくる...それを察すると余計疲れるのです。
「勘弁してくれ...。もうたくさんだ!」
「なんで女は男の忙しさをわかってくれないんだ!全然理解していない!」

理解できない女性の行動にストレスが溜まってくる。
すると、男性は彼女との別れを考えるようになります。
そして、ストレスと怒りが頂点に達した女性の自爆によって別れが決定的になります。

一方で、恋愛一色になる女性は、男性側から見ればとても不審です。
恋愛以外にも他にやることはたくさんあるだろう」というのが男性の考えです。
男性は、恋愛一色になれば仕事運が下がることを知っています。
IMGL8671171031_TP_V

真面目な恋愛でも、「あいつ、この頃仕事に精彩欠くな、恋でもしてるのか?」。
と周りに言われるのも恥なのです。

恋に夢中になれば精彩を欠く、すなわち仕事運が下がる。
どの男性もそれは避けたいのです。

だから仕事中に彼女のことを思い出して「はあ~」とため息をついたりしません。
ましてや、同僚や男友達に彼女の相談など間違ってもしません。

恋愛一色になれば仕事運が下がるということを知っている男性。
だから、恋愛一色になっている女性を見ると思うのです。

このままでは、運が悪くなって身上をつぶすよ
恋愛一色にならないで、やることをやったら?」と。

yuseiookawa1971947_TP_V
それ以上運が悪くなったら、男性はその女性を手放すしかないからです。
恋愛のことしか考えていない女性にならないようにしましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム