「プライド」をくすぐる会話術♪


「教えてください」に弱い男性♪

男性は基本的に「教えたがり」なので「教えてください」という言葉が好きです。
教えられるぐらいなんでも知ってる俺」というプライドをくすぐるからです。

男性の教えたい願望を引き出し、満たしてあげる
それは、相手にとってもあなたにとっても得るものが大きいでしょう。

ただし、、ワイン好きな人に、「○○さん、ワインに詳しいんですよね、ぜひ教えてください」。
この言い方では、むしろ面倒なことになるかもしれません。

「今度、友だちの家でやるパーティーにワインを持って行くんですけど、何がおすすめですか?」。
こんな感じで始まる会話。
男性の「うんちくスイッチ」がオンになる瞬間です。

「予算は?」「合わせる料理は?」などの質問とともに、「ステーキ系なら、ボルドーかな?」。
講義のようなひとり語りのような長い話が始まります。
N112_sorededou_TP_V

「うわ、ほんとうに詳しいんですね。今度ぜひワインを飲みに連れて行ってください」。
こう返せば、おいしいワインも食事もご馳走してもらえるかもしれません。
それ以上に、相手を喜ばせ、好感度までGETできてしまいます

長い説明を聞かされますが、相手のプライドが満たされ、気持ちよくなるのです
こんなふうに、男性の得意分野で「教えてください」と言うのがいちばん簡単でしょう。

趣味系で「いま流行ってる車はなんですか?今度買うかもしれないから教えてください」。
オタク系で「あのアニメってどうして人気なんですか?知ってる人に聞きたかったんです」。
こんなふうに、なんでも使えます。

「日本の首都はどこでした?教えて教えて」みたいなレベルではドン引きされるので注意を。
とにかく、応用範囲は非常に広いのです。

相手の仕事や趣味について尋ねて、それについて「教えて教えて」。
こう言ってしまうのがいちばんやりやすい方法です。
そして教えてもらったら「勉強になりました」「聞いてよかった!」のひと言でダメ押しを。

○○さんに聞いて良かったです」と名前を入れるとさらに効果的です。
「教えて」と素直に言われてイヤな男性はいません。

教えてもらってる間は、「えー知らなかった」「ほんとに?」といったリアクションをする。
すると、さらにプライドをくすぐることができます

YUKI86_odoroitahyoujyou15112844_TP_V
これに加え、「すごく頭がいいんですね」「いろいろ情報を持ってるんですね」。
などと、「すごーい」系や「頼りになる!」系にもっていくのも効果的です。
リアクションまでセットして、ぜひ合わせワザで使うことをおすすめします♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム