本物の「ポジティブ思考」とは?


陽転思考の会話術♪

ポジティブに生きなさい。
前向きに生きましょう。
どのような自己啓発系の本には必ず出てくる言葉です。

では、なんのためのポジティブ思考なのでしょうか。
たとえば、あなたが職場の同僚に「友だち少ないよね?」といわれたとします。
同僚はそれをネガティブな要素として考えています。

それを肯定的にとらえ、本当に理解しあえる友人がひとりいればそれでいい。
だから自分は正しい。
というように、自分の都合のいいように自己説得することがポジティブ思考ではありません

このときのあなたは、同僚に「友だちが少ない」という印象を与えているのです。
そのことに対し、理屈を立てて、自分にとっては正しいのだと自己説得したとします。

しかし、「友だちが少ない」というネガティブな波動をつくっているのです。
それを同僚に感じさせてしまったということに変わりはありません。
TSJ86_yukachi20150208100123_TP_V

どうやったら、それを克服できるか。
これを考えることが、本物のポジティブ思考、陽転思考なのです。

陽転思考とは、ものごとをたんにポジティブの方向に考えるだけではありません。
その名のとおり、陽の方向へ焦点を当て、明るい方向へと転換することです。

陽転思考は、自分自身のためだけに存在すべきではありません。
むしろ、人のために使う。

それができる女性は、話をしていて気分がよくなる
元気になれる、楽しくなる、会話上手な女性として、どんどん人気者になっていくのです

男性がこんな愚痴をはきました。
「俺さ、友だちいないんだよね」
このとき、「友だちがいない」というマイナス部分に意識を向けないことです。

友だちがいない→一人で過ごしている時間が多い→一人でなにかに熱中しているのかな?
それはなんだろう?趣味はあるのかな?

というように想像をふくらませ、相手に関心と興味を持つ
そして、会話を明るい方向へと持っていくのです。

人には、自分しか知らない部分、自分では見ることができない客観的な部分があるといわれてます。
もし、誰かがネガティブ思考に落ちていても、あなたからしか見えない視点があります。
その視点で、ポジティブな見方ができるかもしれません。

事実を変えることはできなくても、マイナスな事実マイナスのまま受け止めない。
その事実をどのように見たら、その人にとっての良いところを見つけだすことができるか
そうして視点を変えてみることです。

これが陽転思考の会話術です。
会話術という名前がつくと、いかにも難しいテクニックに思えてしまいます。
しかし、結局は人と人です。

一番大切なのは、相手を思いやる気持ちです。
話題を提供した人の気持ちを大切にすることです。

会話とふたりの空気を明るく楽しくしたいと願う気持ちが、なによりも大切です
まわりの人にも肯定感と幸せな気持ちを与えられる女性になりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム