お世辞と思われない「褒め言葉」のポイント♪


想像以上に喜ばれる「ほめ言葉」

人から褒められると嬉しくなるというのは、人間の自然な感情の流れ。
もし、意中の人に気に入られたいと想ったら、相手を褒めて喜ばす
これが、もっとも手っ取り早い方法です。

しかし、それが見え見えのお世辞となると逆効果
せっかく相手を喜ばせるために褒めるのですから、言葉を吟味して褒めましょう
では、どういった言葉を使って褒めるのがもっとも効果的なのでしょうか。

例えば、美人な女性に「キレイですね」、又は仕事が出来る男性に「有能ですね」。
このようなストレートな物言いで相手はそれなりに喜ぶでしょう。

でも強く印象づけることはできません。
場合によっては、とりあえずのお世辞と思われる可能性があります。

それよりも「目元が俳優っぽいですよね」「○○さんといると楽しいです」。
こんな曖昧な表現で褒める方が効果はUPします。
人はストレートな言葉より、少しひねった曖昧な表現の方が心に入り込みます

ひねった曖昧な言葉で表現されると「これはどう解釈すればいいだろう」と考えを巡します。
その為、強く印象に残るのです。

また、曖昧な表現を使うと、見え透いたお世辞という雰囲気を感じさせません。
よりリアルに聞こえ大きなメリットになります。

曖昧な表現では、褒められてるいること自体にに気づかないのではない?
そう思う人もいるでしょうが心配は無用です。

良い意味にも悪い意味にも取れるような表現で自身について形容されたなら...。
人は自分に都合のいい方向で解釈する傾向があります

例えば「目元が俳優っぽい」と言われたことで勝手に想像を広げます。
自分が理想と思う俳優の名前を浮かべて大喜び、といった展開が期待できるわけです。
ただし、いかに「曖昧な表現」とはいえ、わかりづらい表現では、褒めていることになりません。

ある程度親しい関係になってから褒める

初対面のとき、お互いに緊張しています。
相手がどのような人柄かわからないので身構えてしまいます。
しかし、何度か会話をしているうちに、気心が知れてきて、それほど緊張しなくなります。

相手を褒めるのは、そうやって、お互いに緊張しなくなってからの方がよいでしょう。
見た目の褒め言葉ならば前述のような感じでもよいかもしれません。
内面的な部分に関しては時間がある程度必要なのは当然です。

出会ってすぐに相手を褒めることは悪いことではありません。
でも、お互いに緊張しない間柄になってから、相手を褒めても遅くはありません。
どうしても初対面で褒めるときには「何十分か経過して」から褒めることをオススメします。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム