お客様を怒らせた時の返しとは?


相手が冷静になってから話すのがベター

チャットのお客様と口論になりお客様を怒らしてしまった。
相手が怒った原因が自分にある時、あなたはどうしますか?

相手が怒ってる場合、悩んでる時と同様に、自分の気持を吐き出したいと思っています。
それまでは、あなたの意見をシャットアウトしていますから、反論はムダなのです。

もしあなたが空いたが誤解してることや意見の相違について言いたいことがあるなら、相手が冷静になってから話すのがベター。

とにかく黙る。

言い終わるまでだまるのです。

お客様のしゃべりが終わるまで耐え忍びましょう。

その場合も「悪いと思ってます。あのときはちょっと舞い上がって」などと、一言謝りの言葉をつけてから話しましょう。

チャットレディの仕事は、お客様の会話などが重要なのでこのような口論などもあった時にこの方法を頭に入れたら自然と会話もできていきます。

考えを変えていくこと、行動を変えていくこと

これは怒らない方法として有効です。
しかし、思考とは違い感情の動きは突発的です。

どうしても押さえられない事もあります。
怒りに区切りを付けるために一旦逃げる事は、怒らない方法としてもオススメです。

何点か簡単な怒り方の対処法を紹介します。

  • 口ゲンカになりそうなときは「ごもっともです」と相手の怒りを和らげる。
  • 言い訳するときは「話しづらいことなんだけど…」と前置きする。
  • 無理な事を頼まれたら「ちょっと頑張ってみるけどできなかったらごめんなさい」と断る。
  • 迷惑していることを伝えるときは「〜〜してもらえると助かる」と話す。
  • 人にものを頼むときは「あなただからこそ」と自尊心に訴える。
  • 返却を催促するときは「貸したものは役に立った?」と聞く。
  • イヤミな言葉で非難されたら「勉強になりました」と答える。
  • 落ち込んでいる人を励ますときは「私も同じ経験がある」と慰める。
  • 相手の性格を変えるには「あなたのことが好き」と愛情を示す。
  • 別れ際の挨拶には「また会いたい」という気持ちを込める。

この紹介した対処法も役に立ちます。

チャットレディの仕事において、お客様との会話がスムーズに進まないこともあるのでそういった場合にちょっとしたアレンジもくわえてみてもいい会話にもっていきやすくなるでしょう。

相手を不快にさせないで気持ちよく終わらせるのも仕事の一環なので冷静に言葉を選びながら接してみましょう。

きっと相手もあなたを受け入れる体制になってもっと仲良くなりますよ。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム