「目元メイク」の極意♪


何にでもチャレンジするのがメイクの心

ある年齢をすぎると、女性は「新しいメイク」に挑戦しなくなります。
でも、いまだ体験したことのないメイク効果や進化したメイクコスメがあるはずです。
それをタイムリーに取り入れることは、女性として大切なことです。

特に、エクステやつけまつ毛のようなものは「もっとキレイになろう!という意気込みが必要
何にでもチャレンジする心、毎日のメイクで常に探究心を失わない意欲
それがメイクを極める最初の決め手です

何はなくてもビューラーの理由
あなたのポーチには、ビューラーは入っていますか

今やカール力はマスカラの絶対条件ですが、それでもまつ毛は落ちてきます。
だから化粧直しのたびにカールアップしましょう。

じつはそのひと手間が、疲れの見える顔を一瞬で晴れやかに見せてくれます。
まつ毛が上を向けばマスカラにじみ防止にもなります。

まつ毛パーマも意外にリピートする人が少なくありません。
素顔がまったく変わることに驚き、マスカラ効果にもあらためて気づくからです。
まつ毛の向きほど、大きなリフト効果を持つものはないと覚えておきましょう。

見えないうぶ毛も、まつ毛にする
メイクでは、ほんの小さなひと技が、思いがけない効果を生むことがあります。
まつ毛がまばらで短い人は是非試し欲しい小技があります

まつ毛の奥に隠れたうぶ毛までまつ毛にするマスカラメイクです。
単純に、ブラシがうぶ毛までくまなくつかまえてくれるマスカラを選びましょう。

歯間ブラシの応用も可能です。
うぶ毛の一本一本がまつ毛になると、まるでアートメイクでふちどったライン効果が出ます。

そのうえ、濃いまつ毛がつくる奥行きある陰で、目元が存在感を現します。
見えないメイクが目に見える効果を生むのです。

resizeOGN1N9UO

たった1?2本のまつ毛で顔は変わる
マスカラを塗ったら、守るべきことがあります
1本でも2本でも正面から、まつ毛の毛先をはっきり見せること。

たった1本の毛先1ミリ、それがまぶたの上へはみ出しているだけ。
これだけで、顔全体がパッと目覚めたような明るさを生みます。
その1ミリの存在感によってできた、上へ外へと向かう見えない矢印。

それが顔の表情を一気に明るくし、顔立ちに一気に力を与えてくれます。
カメラのピントがその一点にピッタリと合うと、被写体が急にくっきり現れるイメージです。

アイラインの分だけマスカラをたっぷり
アイラインは、あくまでまつ毛の生え際の強調です。
なので濃いまつ毛があって初めて、強いアイライナーが必然性を持ってきます

「リキッドアイライナーは、浮き上がるから苦手」。
こんな意識を持っている人は、マスカラをきちんと塗っていないのかもしれません。
逆にマスカラだけたっぷり塗れば生え際に隙間ができ、不自然になりがちです。

アイラインとマスカラは必ずセットで塗るのが必須です。
その相乗効果で、目に存在感と立体感の両方を加え、強さと神秘性を与えてくれるのです。

それがアイメイクの極意
このコンビでとりあえずアイシャドウなしでどこまで顔だちが変わるか?
是非、試してみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム