「眉メイク」をマスターしよう♪


ピュア眉で最先端の美人になろう♪

かわいい女性が最近増えたのは、きれいな眉の絶対条件が変わったから。
眉は顔全体の印象を強く決めます。
だからこそ、きれいな眉を手に入れるだけで、かなりの美人に見えます

ただ、左右のバランスが崩れたり、抜きすぎてしまったりと、そのバランスが難しい。
でも、ここ最近新しくなった眉の法則は女性の味方です。

目指すべき眉は、もともとの地層を生かしてふんわり仕上げる眉です。
この眉の最大のポイントは「素」を感じるピュア感

ピュア眉に必要なのは、髪より2トーン明るい、ソフトブラウンのアイブローパウダー
そして同じく、ソフトブラウンの眉マスカラ
パウダーは濃淡2色入りのものがオススメです。

パールなしの眉マスカラの方が、淡く仕上げふんわり感を引き立てます。
また淡いソフトブラウンは、肌の透明感を大幅UPさせます。
お肌のあらも目立たせなくしてくれるので、美白の印象がつきます。

☆ブラシか綿棒で毛流れを整え、眉についているファンデーションやパウダーをとります。

☆ブラシに明るいほうのパウダーをとり手の甲につけます。
余分な粉を落としたら、ブラシの中までパウダーをなじませます。

☆目頭、眉まで直線に伸ばした位置の内側から眉山までの眉下ラインをなぞり太さを出す。
このとき少しオーバーラインぎみにのせると直線的な太さが出てピュア感が引き立ちます。

☆眉山から眉尻を暗いほうのカラーを使って毛流れと同じように流します。

☆色抜けしている部分はブラシでとんとんやさしく埋めていきます。

☆目頭直線上から顔の中心にかけての眉頭はブラシに残ったパウダーでぼかします。
このときブラシに新たに色を付け足してのせるのは厳禁。
パウダーを新たにつけると、眉頭が濃くなってしまい、わざとらしくなります。

☆眉マスカラのブラシから余分な液をとります。
ブラシの毛がきれいに見えるくらいがベストです。

☆毛流れに逆らって眉尻から眉頭に向かって塗ります。
こうすることでまんべんなくカラーリングができます。

☆眉頭から眉尻に向かって毛流れを整えながらカラーリング。
最後に眉頭の毛を額に向かって立てるように整えます。
こうすることで、少女のようなピュア感とナチュラルなラフ感が出ます。

この方法は、毛をカットしない上に、毛流れをアピールできるので、ベビー級のうぶ感が出ます。
淡くやわらかな眉は、目をぱっちり大きく見せます
眉山の角度はあえて作らず、ゆるやかなカーブをキープすることで、ナチュラルな印象になります

眉尻を除いた部分はすべてほぼ同じ太さで仕上げること
眉尻は口角から目尻を通った延長線より長くならないようにしましょう
ただし、エレガントにみせたい場合は長くするのが効果的です。

パウダーのみで仕上げることでやわらかさを出すことができます。
眉山から眉尻にかけての底辺の産毛は剃らない、抜かないようにしましょう。
ここが、旬な美人になくてはならないうぶさを際立たせる大きなポイントです。

なかなか眉メイクが上手くいかないという方は是非試して見て下さい。
前髪で眉を隠してたなら、眉メイクをマスターして前髪を短めにしてみては!?
短めの前髪はフレッシュ感を出してくれます♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム