「境界線」をわきまえる可愛さ♪


我慢より「可愛くお願い」してみよう♪

大好きな彼と親しくなるのは女性にとって、とても嬉しいことです。
でも、彼との距離が近づくにつれ、なぜだか感情が不安定になることがあります。
これは、多くの女性が経験していることだと思います。

ちょっとしたことで嫉妬したり、不安になったり。
彼が自分の思い通りになってくれないことへの苛立ち...。

彼と少し踏み込んだ関係になってくる。
するとついつい女性がやってしまうことがあります。
TAKEBE160224090I9A0398_TP_V

●彼に要求したり、責めたりしてしまう
●彼を試すような態度をしてしまう
●彼を詮索してしまう

「なんで?どうして?」を連呼して彼を責める女性がいます。
そういった女性は、彼に本当に大切な存在という扱いをしてもらえません。

男性に大切にされる女性は、彼と適度な距離を保つことが上手です
たとえば、呼ばれもしないのに、やたら「私も行く~!!」。
と彼の飲み会に付いて行きたがる女性が時々います。

002Yama077_TP_V
親しい仲間とだけ盛り上がりたい時だってあるのです。
頻繁にそういう事をしていると、彼自身がその仲間から外されてしまいかねません。
彼の飲み会に付いて行きたい!でも彼にスルーされちゃった!というとき。

「私を人に見せるのが恥ずかしいの?」
「他の女性と会っているんじゃない?」
「どうして私が一緒だとダメなの?」

...とネガティブな気分になるかもしれません。
ですが、彼との境界線をきちんと尊重してあげること
それが愛される女性の条件なのです
yuka16011215img_5574_tp_v

それに、男性は女性から責められると、「あ~、もうなんか居心地悪いなぁ」。
「この子だと安心して安らげないな」と感じ始めます。

そして「あ~、なんかもう安らげないくらいなら帰るのよそうかな」。
と他に安らげる人や場所を探してしまいます。

「この子だったら俺のこと責めたり面倒くさい要求しなさそうだね」。
と感じる子に目移りします。

どうしても不安なら、「私って、〇〇な時に不安になるの」。
「こういうふうにしてくれると安心できるんだけどな!」。

こんなふうに、自分が安心できる方法
それを彼ができそうな範囲内で可愛くお願いするといいと思います

ただし、強要すると彼のストレスになります。
あくまでもお願い程度で留めておきましょう

空気を読みすぎるタイプの女性は、男性に気軽にお願いするのに遠慮がちになります。
ですが、彼への要求は、可愛く伝えたほうが効き目があるのです

o0800054213628848979
男性は【可愛く】伝えられると、彼女から【無理やり要求されてる】
というより【頼られてる】という印象を受けるようです

彼のことを本当は【頼っている】ということを【可愛いお願い】する
それを上手に伝えることも愛される女性の秘訣なのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム