「黒」を好む深層心理♪


なるべく避けたい「黒い服」

もし、あなたが、はじめてデートに誘われて、まだ相手の好みを知らない。
だとしたら、何色の服を着ていきますか。

まずは、自分に似合うパーソナルカラーや色の心理効果。
それを考えるのではないでしょうか。

じつは、「色」はからだの動きの制限までしてしまいます。
全体の印象に大きくかかわってきます

なかなかいい出会いがないという女性がいます。
その女性は男性を前にすると、緊張なのか、肩に力が入ります。
なので、からだと表情が動かないのです。
Kazukihiro171227DSCF8445-Edit_TP_V

歩き方からその原因を診てみました。
なぜ歩き方なのかというと、歩きながら緊張はできないからです。
その女性から、「癖、リラックス度、運動神経」の3点をチェックしました。

その女性は、歩き方には癖はありませんでした。
「笑顔で歩いてみてください」と言っても、表情がかわりません。
表情が堅いのは、心のどこかに悩みごとや怒りがある可能性が高いときです。

「そんなの、仕方ないじゃない」と言われてしまえばそれまでです。
ですが、表情がないと、対話している相手の脳の反応が低くなります
顔じたいが認識されにくいのです
kawamura1029IMGL4465_TP_V

もう一つ気になったのは彼女の服の色です。
「シャ〇ルが好きだから」といういう理由でいつも黒を着ているそうです。

確かに、はじめて黒を女性服のアイテムに取り入れがちです。
黒は神秘的で、力強くセクシーな大人の色です。
しかし、それは自立して完成されたイメージです。

黒の心理効果は「厳粛.神秘.威厳.存在感」などがあります。
ですが、自分に対する心理副作用は「孤独.罪.怒り.不安.恐怖」です

黒を選ぶ深層心理。
それは「勝ちたい.エネルギーが足りない.人と交流はしたくない」ときです。

いつも黒を着ていると、意識は重々しくなり、活動エネルギー内臓の機能も低下する
このような実験効果が出ています

そのようなことから、その女性に動きたくなる赤系の服をすすめてみました。
決して真っ赤な服でなくてもよいのです。

赤にしろ、グレー、青をプラスして、ピンク、スモーキなピンク。
赤紫というバリエーションをワードロープに加えることを提案しました。

色を変えるだけで、からだは反応します
赤い色は、交換神経を刺激し、アドレナリンを出し、血圧を上げてくれます

その女性は、身につける服の色を変えただけで表情が明るくなりました。
動きやしぐさが軽やかになりました。
みるみる活発な印象に変わり、素敵な出会いを果たしました。

PPH_karahurunakureyon_TP_V
パーソナルカラーを知っておくことは大切です
服装だけにかかわらずメイクにも影響します。
機会があったなら、ぜひプロの方にパーソナルカラー診断をしてもらいましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム