自分を「プロデュース」♪

ベストカラーを知る♪

皆さんは服を選ぶ時、何をポイントに選んでいますか?
流行、季節感、着心地、ブランドなど、それぞれの基準があると思います。

不特定多数の人々の目にさらされるお仕事の人はたくさんいます。
何を基準に服を選んでいるかというと、答えは「似合うか、似合わないか」です

ここで、ぜひとも覚えておくとよいことがあります。
【似合う】と【好き】は必ずしも同じではない、ということです
KZ1796035_TP_V

ある女性はパステル調の女の子らしい色の服が好きでした。
しかしファッション関係の友人に勧められた色。
それは、はっきりした色のシャープな服ばかりでした。

「あなたの肌の色や顔の輪郭を考えると、はっきりした鮮やかな色のほうが似合うよ」。
と一言。

今まで淡い色合いを好んで着ていた彼女は、家族に聞いてみました。
すると、口をそろえて「鮮明な色のほうが似合う」と言われたのです。

彼女の顔は、肌は黄色味がかった色、目鼻がはっきりしていて、頬骨が高い、男顔。
そういうタイプにはビタミンカラーが似合うのです。

PP_taiyounohana_TP_V

似合う色で印象アップ♪

似合う色を着ていると「元気よさそうだね!」とか「顔色いいね、いいことあった?
と、プラスの言葉をかけられることが多くなります

そんなプラスの言葉に導かれて元気いっぱいのオーラを放つ
すると、やりたかった仕事が舞い込んできたりします
プライベートでも素敵な人と仲良くなれたり、と本当にいいことが起きるのです。

反対に、似合わない色を身につけているとどうでしょう。
肌の色がくすんで見えるため「元気ないね、どうしたの?「疲れてる?」と心配されます。

すると、だんだんと自分でもそんな気分になっていくものです。
表情が暗くなって本当に気持ちも沈んでしまうのです。

似合う色を見つける3つのポイント

➀肌のトーンに合わせること
➁髪の長さと色のバランスに合わせること
➂目の色に合わせること

最も大事なのは、【肌のトーンに合わせること】です。
肌のトーンは大きく4つに分かれます。

季節に置き換えて表現することが多いので次の段階を見ながらイメージしてみてください。
上から、イメージ、肌のトーン、似合う色の順で並んでいます。

春:暖かみのある明るい暖色
例(淡いピンク、クリーム色)

夏:明るい鮮明な暖色
例(柔らかいオレンジ、赤)

秋:暖かみのある寒色
例(カーキ、からし色)

冬:明るい鮮明な寒色
例(青、白、黒、ブルーベースのピンク等)

PPH_karahurunakureyon_TP_V (1)

似合う色の見つけ方

➀メークを落として本来の肌色になります
➁首まで映る大きめの鏡の前に立ち、さまざまなトーンの画用紙を首下に当てていきます
➂当てた色によって、顔色がよく見えたり、暗く見えるのがわかります

似合う色は見つかりましたか?
一番顔色が明るく元気に見えた色が、あなたの最も似合う色。
ベストカラー(パーソナルカラー)です

パーソナルカラーを全身に使う必要はありません。
顔周りのさし色に持ってきたり、部分的に取り入れるだけでも、表情が明るくなります

IMGL5303_TP_V4
服装は、第一印象をコーディネートーする大事な要素です
ぜひ、ベストカラーを見つけて、自分をプロデュースしてみてください

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!