言葉を「プレゼント」に変える♪


形のあるものだけがプレゼントでなない♪

最近はあまり手紙を書くということは少なくなって来ています。
手紙を書くというこに対して堅苦しいイメージを持っているのかもしれません。

日常のおしゃべりと違い丁寧な言葉遣いが必要になることもあります。
また、なるべくキレイな文字で書くことを心がける必要もあります。
なぜなら、手紙は「見える」ものであり、この先ずっと「残る」ものだからです
C824_ohanatotegami_TP_V

そこでおかしな言葉遣いをしてしまうのは恥ずかしい。
できれば誤字、脱字も避けたい。
キレイな文字で書くのも当然のことだと思います。

逆に考えると、これは普段の会話が「どれだけおろそかにされているか」
そういった証明でもあります

言葉とは、口にした瞬間に消えなくなる、一陣の風のようなものです。
決して目に見えるものではありません。

そのため、無意識のうちにいい加減な言葉遣いになってしまっています。
それに加え、いい加減な話し方になってしまいます。

ME_biz20160902385615_TP_V
「つい口がすべった」という失言も、手紙であれば考えられないことでしょう。
しかし、よく考えてみましょう。

たしかに言葉は目に見えない、風のようなものです。
ところが、決して「残らない」わけではありません。
相手の心の中、そして自分の心の中に、しっかりと刻み込まれるはずです

わたしたちは、お互いの言葉を、心の中でしっかりと、「見て」いるのです
おろそかにできる理由なんて、どこにもありません。

このように、会話や話し方を考える上で重要になります
手紙の存在はとても大切なヒントを与えてくれるのです

たとえば、事務的なビジネスレターは「送る」ものでしょう
しかし、大切なラブレターは「贈る」ものではないでしょうか?
C824_akaribontegami_TP_V
また、ビジネスレターは茶封筒で送ることができます。
でも、まさかラブレターを茶封筒で包むことはできません。

キレイな封筒と、センスのいい便箋そしてどうしても手で渡すことができない。
結果、投函するのであれば、美しい切手も用意するでしょう。

これは、手紙が目に見えるもの、手にとることができるもの
そこから、生まれてくる違いです

もちろん、日常会話にも用件を伝えるだけの「送る」言葉
気持ちまで伝える「贈る」言葉があるはずです

メモ書きのように投げつけられる言葉と、プレゼントのように手渡される言葉
相手から貰って嬉しいのは、当然プレゼントの言葉です
また、自分が送って気持ちいいのも、やはりプレゼントのほうでしょう。

わたしたちは言葉ひとつで大きく喜び、大いに傷つけられるものです。
その重さは、お金なんかの比ではありません。

ELL96_hanatotegamitate132610_TP_V4
言葉は、ただ用件を伝えるだけのツールではありません。
手紙のように「見えるもの」として考えたら、理解しやすいと思います。
言葉とは、相手に気持ちを込めて贈る、ひとつの「贈りもの」なのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム