「ことば」にも温度さがある♪


魅力を倍加させる「ことばづかい」♪

人はよく「あの人のことばにはトゲがある」などといいます。
ことばにトゲがあるのではないのです。
それは話し手の心にトゲがあると考えるべきでしょう

ことばは本来影も形も色も匂いもないものです。
人の口を通して出てくるとき、あたたかみを感じさせたりします
また冷たさを感じさせたりします。

ことばには温度がつきまとうのです
それは、話し手自身の心の温度であると考えたらよいでしょう

では、心さえあれば、どんなことばでもいいのか?
と実際の生活のなかでわかることです。
ですが、それだけで十分です。

習慣とはずれた極端なことばづかいに出会ったとき。
私達はとまどったり、違和感をもったり、抵抗を感じたり。
生理的な嫌悪感を起こしたりすることになります。

心の問題というのは、そのような感じをもたせないようにする
そして気をくばることだと考えましょう

TIG86_hoduewotukujyosei-thumb-815xauto-16703
人は外形的なものよりも内面の美にひかれるものです。
その内面をもっとも端的に表してくれるものがことばです
そして話すということです

男性は、美しい女性に対して、ひそかに美しいことばを期待しているものです
もし、その女性の口から、ぞんざいなことばが発せられたとします。
すると、期待と現実との落差の大きさに、男性は愕然とするものです。

磨きぬかれた個性的なことばづかい、あたたかい話し方に細心の気配りをしましょう
洗練されたことばづかいは、あなたの魅力を倍加させることになります

000KZ1868_TP_V

調和をもたらす「敬語の使い方」♪

ことばづかいも、その領域で通用するルールにしたがうのが大切です
でなければ、対話はギスギスしたものになってしまいます。

相手と自分、自分と話の中に出てくる人との人間関係に応じる。
そのような使い分けることが必要になります。

人間関係の差をうずめられることばを選ぶ必要があるということです
そんな意味で、敬語の使い分けが大事になってくるのです

その差をうすめて話さないと、対話はかみ合わないので、敬語を調和語という人もいます。
これが適切でないと、ハーモニーがくずされるわけです。

話し手と聞き手との差の大きさ
それによって、ことばも違えないと調和が不十分なこともあります

TAKEBE160224090I9A0398_TP_V
「します」よりも「いたします」また、「きます」よりも「まいります」
などと、相手によって敬体のレベルが違ってくることもあります。
ですから、話し方、ことばづかいは慎重になる必要があるのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム