「顔が映える服」を着よう♪


写真写りの良い服、悪い服

着る服によって動きに制約が出たり、気分が変わったりすものです。
ですから、写真を撮るときも、何を着るかで表情や動きが変わってきます

ある女性が写真を撮るときフリルとリボンのついたフワフワした服を着ていました。
その女性は実は学校の先生だと聞いて、驚いたことがあります。

もちろん、プライベートの写真なので問題はありません。
たまたま選らだ服であっても、そのときの気分が、そのまま写真に残ります。

写真を撮られるときは、単なる好き嫌いではなく、「何のための写真なのか」
という目的を考えて、服を選びましょう
では、どんな服を着ると、魅力的に見える写真になるのでしょうか。

まず、最も大事なのは、写真を撮られるのに向いている服
そうではない服を知っておくことです
写真を撮られるのに向いている服を知っておきましょう。
TSURU1891A022_TP_V

①一般(証明写真など) 白い服、無地でうすい色
②ビジネス 立体感の出る服、パリッとしてジャケットなどの厚みのある服
③プライベート(恋愛、遊び) シンプルなデザインかつ艶感を出す素材

.透けるもの「ドキッ」とさせるシルク、オーガンジー、シフォン
.揺れるもの「フワ~」と広がるスカーフ、フレアスカート
.ちょっと光るもの「キラッ」とするジュエリー、アクセサリー

では、逆に写真を撮られるのに向いていない服とはどういうものでしょう
向いていない服は、「ナイナイ尽くし」の引き算になります。
N811_hurubitatannsunohikidashi_TP_V

①最新流行のファッションは着ない
理由は、すぐに古さが出てしまうからです。
街中の女性が、そのとき流行っていた同じヘアアクセサリーを、多くの人が付けていました。

インターネットで簡単に手に入るので、こういうことが起きるのでしょう。
ですが、その一ヵ月後にも、誰もつけなくなります。

爆発的に流行ったデザインはすぐに古臭くなります。
ちなみに流行を避けられないのが髪型と眉毛の形です。

②普段着てない服は着ない
「撮影用に!」と、新しく買った服を着るのはやめましょう。
「着こなし」も、しっかり写真に写りこみます

服に着せられていると、マネキンのように堅い表情になってしまいます。
ちなみにモデルさんは、カタログなどの撮影では、はじめて袖を通す何十着の服。
それをいかにも着慣れているような雰囲気にするのが仕事です。

③夏服、冬服は避ける
写真がいつ見られていいように、季節感が出ないようにします。
生地は春秋ものが基本です。

冬の生地は厚ぼったく、からだのラインが出にくかったり、やぼったい雰囲気になります。
夏の生地は薄くなりがちで、肌の露出が大きくなりがちです。

KZ1796035_TP_V
ですが、チャットレディさんのプロフ画とお仕事中は夏の生地が適しています。
あとは【激盛りwebカメラ】を活用しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム