会話は「同意すればよい」とは限らない!


チャットで起きた正直者の悲劇

次の話はチャットレディでよく失敗するケースです。

あるチャットで、お客様Aさんと話を始めたチャットレディのBさんでしたが、気づかないうちに大きなミスを犯し、結局うまくいきませんでした。

話題が休日の話にさしかかったときのことです。

Aさん「会社員なので土日しか休みがなく、残業だらけで平日はチャットできなくて、なかなか会いに来れないんだよね。やっぱり、土日にチャットするって難しいかな?」

Bさん「土日は無理ですね。今は週末は飲み会やらお誘いも増えて、忙しいんですよね・・・」

もし、あなたがAさんの立場で「無理ですね」と言われてしまったら、どのように会話を続ければよいか困るはずです。

Bさんは、おそらく自分の意見を正直に述べたつもりでしょうか、Aさんそのものを否定することになってしまったのです。

会話は「相手の意見に同意してから様子を見る」のが基本ですが、このケースでは「土日しかチャットで会いに来れないから、来てくれないかな??」という趣旨の意見を述べているのですから、Bさんの「はい、無理です」は同意ではなく、否定にあたり、マナー違反です。

相手が謙遜していたり、卑下しているときは同意してはいけません。

また、次のようなケースにおいても、相手を否定してしまったことになりますので注意が必要です。

お客様 Cさん(37歳)「僕は相手の年齢はあまり気にならなくて、若い子とか年上の方でもいいと思っているんですが、Dさんはどうなんですか?」
チャットレディ Dさん(22歳)「同年代の方がいいですね。趣味や共通の話題がいっぱいあって話も合わせやすいですから」

言葉の上でDさんは否定してはいませんが、「Cさんとは話が合わせづらい」と言っているわけです。

この場合は少なくとも「同年代の方が話は合って気楽だと思いますが、歳が離れていてもそれはそれで、新しい発見があってお互いに刺激的ですよね」など、歳が離れていることのメリットを示すことで、相手の意見への同意を示すことが大人のマナーといえるでしょう。

会話は正直が善とは限らない、同意すればよいというものではないのです。

  • 「はい」が相手の意見を否定する場合があります。相手が言っている中身を吟味し、ときには”肯定”を意味する「いいえ」を使うことも大人のマナーです。

ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム