「壁の花」にならないために♪


身を乗り出す話題を持とう♪

話題が豊富な人はおもしろいものです。
ほかの人があまりに知らないことやさまざまな情報に通じていて、人を飽きさせません。
話し方にもめりはりがあって、ある種のエンタテイメントになっています。

そういう人と話していると時間が経つのを忘れます
別れ際には次に会う約束までしたい気分になります

話題が豊富な人は、やはり好奇心やチャレンジ精神が旺盛です。
いろんな経験がある人なのです。

そして自分なりの意識をきちんと持って社会を見つめ、問題意識を持っています
だからこそ自分の意見、哲学をはっきりと表現できます

smIMGL4075_TP_V
しかし話題が豊富な人ばかりではありません。
人はいいのですが、天気の話とかニュースの話し。
そんな会話しかできない人もいます。

共通の話題がなかなか見つけられなかったり、うまく話がかみ合わない。
いわば相性のよくない人というのもいるのです。

たとえば恋人や友達の側の知り合いと会うことになったとき
初めて会う人たちの御呼ばれされたとき

壁の花でいるのもひとつの選択です。
でも、それではちょっと淋しすぎます。

別に話題の中心にならなくてもいいのです
いろいろな人達と話をしてみたいという気持ちは誰にでもあります。

そんなときに話のきっかけをつくってくれるのが、自分の中のある分野における深い知識
またはディープな体験です

smIMGL4171_TP_V
ある女性の話です。
その女性は学究肌の人です。

人の集まりではいつもにこにこ楽しそうに微笑みながら人の話を聞いています。
すごく驚いたり、「素晴らしい!」と称賛の相の手を入れています。
だからとっつきにくいわけではないのです

ですが、とても学究とは縁遠い人たちにとって、彼女にどんな話をしたらいいのか?
それがわからない存在でした。

その女性の連れが気を利かせて、その場にいる人達の誕生日を聞きだしました。
学究肌の女性は占星術に長けていたのです。

誕生日の話題から、彼女が占星術などでその人達の傾向を言い当てます。
するとその場の集中力は一気に上がります。
壁の花になりかけた女性は、晴れて話題提供者となったのです
kannyou

芸は身を助けるといいます
知識、雑学も時には身を助けます

その女性は占いという話題でも喜ばれたのです。
周りの人達もその女性に興味を示しだしたのです。
なんだかんだ言っても自分の運勢を聞きたくなります。

なんとなく言い当てられると、余計に自分の中で信憑性が高まり盛り上がります。
占いの話になると、本当にその場のテンションが上がるのでおもしろいものです。

この女性のようにみんなと楽しい時間を過ごせればいいのです。
食べて、飲んで笑って、その中から次につながっていく何かがひとつでも感じられる
すると友達はどんどん増えていくでしょう

PAK85_yogencarduekara1278_TP_V
知識のあること、雑学、ディープな体験、そして究極の占い会場と化します。
壁の花にならないためにも、自分から話題を提供してみることが大切です
それにはサービス精神、このことに尽きるのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム