「時間管理」が成功の秘訣♪


健康管理は、時間管理♪

1日24時間の使い方は、どんな人でも3通りに分かれます。
以下の3通りになります。

①肉体労働(睡眠.食事.トイレ.お風呂)
②拘束時間(生活のため.義理.仕事)
③選択時間(楽しいこと.勉強.趣味.達成感)

この振り分けをどうするかです。
選択時間を増やすのが理想t的です

「忙しくて人と会う時間がない」「習い事をやりたいけど、忙しくてできない」。
と言う人は、選択時間が少ないことを「忙しい」と表現しています。
kawamurakaisatu_tp_v

「忙しくてお風呂に入れない」と言う人はいます。
でも、「お風呂に入るのに忙しい」と言う人はいません。

「忙しくてトイレに行っているヒマもない」とは言います。
「トイレに行くのに忙しい」とは言わないのです。

選択時間を増やすために、動かせるのは拘束時間です
1日それぞれ8時間ずつあるとしても、実際は選択時間はもっと短くなります。
ほうっておいたら、拘束時間はどんどん延びます。

肉体時間はそんなに変えられません
選択時間を増やすために、肉体時間を減らそうと睡眠時間を削り始める。
すると、体を壊してしまいます。

結局、選択時間が減ってしまうのです。
健康管理は、時間管理です

健康管理することで、時間が生まれます。
健康管理をおろそかにしてはいけません。

お風呂をやめてシャワーにすると、体が温まらないので睡眠が浅くなります。
結果、睡眠時間が長くなって、朝起きられなくなります。
お風呂を短縮することで、かえって時間がロスするのです。

SAYA158A1938_TP_V
トイレも睡眠時間も、短縮できません。
モタモタしている食事の仕方は切りかえられます。
かといって、食事を抜いて健康を壊すようではいけません。

食べに行く時間がないから、デスクでハンバーガーばかり食べる。
すると、メタボになって生活習慣病になります。
MAX_bordetewomotu20141025114710_TP_V
人生のトータルで考えると、結局、時間を奪われるのです。
選択時間を増やすために、肉体時間を削ってはいけないのです

すべての人が、1日24時間の中で3つの時間の使い方を変えているだけです。
自分の中で、時間の家計簿をつけてみます。
拘束時間でがんばるしかありません。

肉体時間を削り込むような形ではいけないのです。
今、自分がどういう時間の割り振りをしているか考えます。

「ほとんど時間がない」と言う人は、おつき合い.残業.仕事
それらでどれぐらい時間が奪われているかがわかっていないのです

拘束時間は、食べていくためにしなければならないことです。
これをいかに短くしていくかです。

拘束時間を増やして勉強時間が減ると、自分の能力を上げられません。
結果として、いつまでたっても仕事の成果は上げられません。
勉強時間を増やすと、それが先行投資になって成果を上げられます

そうすると、食べるためにしなければならない仕事の時間が短くなります。
勉強することによって、仕事も速くなります。

勉強するメリットは、「仕事の効率をあげる」。
「仕事時間をスピードアップする」という2面があります。
勉強することで、拘束時間が減って選択時間が増えるのです
150912495672_TP_V
チャットレディのお仕事の勉強とは、いかに自分をアピールするかです
こちらのブログで様々なテクニックを紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム