「遠慮」も好感度を左右する♪


賢い女性の甘えには「遠慮」がある♪

最初からそのつもりがあるかどうかは別として、いわゆる甘え上手はいます。
プレゼントをやたらもらえるワザというか、コツのようなものがハッキリしています。

見え見えにするほど逆効果というのは誰にでもわかると思います。
何か買ってあげるという人に対してこういう人がいます。

いえそんな、結構です。そんな悪いですから」。
ちょっと引き気味のほうがよけいに気持ちをそそります
giftFTHG6744_TP_V

最初の頃は「そんな高いものをもらっては..」と遠慮していた女性。
それが、のちのち大変身していきます。

あれもほしい、これがほしい、前のようなものでは満足できない。
そんな調子でキリがなくなります。

そうなると男性としてはイヤになります。
買ってあげたい、なんて思わせなくなります。
男性は単純なのです。

「悪いから」とか「いえ本当に気をつかわないで」
こういわれるほど、買ってやりたい、もっと高いものをプレゼントしたいと思います
そこらへんを自然にできる女性が甘え上手ということでしょう。

図々しいだけの女性はこういいます。
「ダイヤモンド買って~」。
「あんまり高いのではなくていいから」などと平気でいいます。

いくら猫なで声を出しても、男性としては「何をいっていやがる、ふざけるな」。
という気持ちにさせてしまいます。
PAK86_kusoyarareta20140125_TP_V

単純にいえば、最初くらいは遠慮してみればいいのです
すると男性は「この子はあまり欲がないんだな。純真なんだろうなぁ」と思います。
遠慮がただのポーズに過ぎなくてもかまいません。

男性はちゃっかり引っかかり、高価な物を内緒で用意し、驚かせてやりたいと思います。
それで男性はいい気分になり、女性も得をします。

ただしちょっとだけ補足すると、断り方には要注意
あんまり頑固に断ったら「そんなにイヤなのか」と、男性も真に受けます
今後いっさいプレゼントの話がなくなったら元も子もありません。

「何だ、そんなに俺からもらうのがイヤか」。
「プレゼントしたくらいで俺がしつこく迫るとでも思っているのか」。
まさかここまで大袈裟ではないかもしれませんが....。

いずれにせよ「嘘でも何でも、うまく男心をくすぐる」を心得ておきましょう。
頭を働かせ、うまく甘えたほうが男性からすると可愛い女性になるのです

GMKN_STUDIO_009_TP_V4
プレゼントだけに限らず食事の場でも同じです。
最初から当たり前のように高級な食事をご馳走してもらう女性もいます。

男性のプライドを損ねないよう男性の決めてくれたものをご馳走になる。
それも気遣いある遠慮になるのではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム