「チャーミング笑顔」の作り方♪


幸せを呼ぶ笑顔♪

顔の印象は「口角」で決まると言っても言い過ぎではありません。
仕事や人間関係に不満がある、ストレスがたまりっぱなし、失恋してしまった。
こんな時の口もとはきっと「への字」に曲がっているはずです

口角が下がって、不平不満や悲しそうな淋しい顔になっているはずです。
反対にうれしいことや楽しいことがあったときは、口角が上がって幸せ顔になります
口角が下がるとたちまち顔は老けて、不平不満がいっぱいという印象になります。
skincareIMGL7888_TP_V

口角が上がった顔は若々しく、にこやかでやさしい印象を与えます
雑誌のモデルたちの表情を見れば一目瞭然です。
どのモデルもオーバーなくらい口角を上げて微笑んでいます。

口の端を「への字」に曲げて写っているモデルは一人もいません。
「感じがいい」という印象を受ける人は、口の端が上がっているものです

試しに、自分の周りにいる「感じのいいひと」が、どんな表情をしているか?
思い出してみてください。

笑っていないときも、わずかに口角が上がり、微笑んでいるような顔をしていませんか?
日頃から口の端を上げるように意識するだけでいいのです
それだけで人に与える印象は、感じのよいものに変わっていくのです

smIMGL3765_TP_V4
では口の端を上げて笑うようにすれば、それだけ感じのいい笑顔がつくれるのでしょうか?
残念ながらそうではないのです。
口の周りの筋肉も、普段からよく使っていかないとうまく動かすことはできません

とくに老化が進んでくると、筋肉もたるんできます。
口角を上げようにも上がらなくなっていきます。

口紅を塗ったとき、すぐに輪郭が崩れてギザギザになってしまう。
それも、口もとの筋肉が老化してきてしまっているからです。

いざというとき、思い切り魅力的な美しい笑顔がつくれるようにするポイント
それは、口も周りの筋肉を十分鍛えておくことが大切なのです
口角を鍛える方法はとても簡単です。

割りばしを一善用意するだけ。
時間もかかりません。
朝のメイクのときに、お化粧しながら行うこともできます。

➀割りばしの中央に縦線を入れます
➁鏡を見ながら、上下の前歯と前歯の間の線に割りばしの縦線を合わせます

犬歯で深くしっかり割りばしを加えます。
このとき、割りばしの左右がまっすぐ横になっていることを確認してください。

➂下あごを前に突き出すようにして「イーッ」と声を出します
これを十回行います。
➃次に、割りばしを噛んだまま、口角を上に十回ほど引き上げます

やることはこれでおしまいです。
やってみて口の周りがだるい感じになったら、確実に筋肉は鍛えられています。

skincareIMGL7772_TP_V
常に口角の上がった、微笑んでいるような表情でいられることはもちろんです。
にっこりと笑ったときの笑顔も、とびきりチャーミングに変わっているはずです
ぜひ今日から習慣にして最高の笑顔を手に入れましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム