「あなたブランド」を作ろう♪


あなたの素材生かしてる?

ミカンはミカンのままでいい。
ミカンはやわらかい皮がやぶけて、果汁がジュッと出てくるのがおいしいわけです。

それを否定してリンゴのシャリシャリ感を目指して自己嫌悪におちいる。
それはもったいないことです。

そもそもミカンとリンゴどちらがいい悪いではなくて、それぞれ違うもの
違うよさがあるのですから、ないものねだりは時間とエネルギーのムダです
smIMGL4172_TP_V

たとえば爽やかアイドルが妖艶女優を目指して、自分を100%否定したとします。
「こんな特徴のない顔!こんな童顔いやだ!」というようなものです。

爽やかアイドルが胸のあいたドレスばかり着たり、いつも真っ赤なルージュをひく。
それでは、爽やかさは消えてしまいます。
もったいないですよね?

爽やかアイドルは爽やかアイドルを追及するのが一番魅力的なのですから
あなたも自分ではないものになろうと、頑張りすぎていませんか?

高級クラブの№1ホステスには、それほど綺麗ではない人もたくさんいるといいます。
彼女たちのほとんどは、顔がどうとかを超越した「彼女だけのワールド」。
それを持って、まわりの人をすごい引力でそこに引きずり込んでいます

%e3%83%ac%e3%83%87%e3%82%a3
目が大きくない、顔がととのっていない、いいかげん。
なのに、「でもそれがまたいいんだよね!」となってしまうのです。

彼女のすべてがブランドになっているのです
男性だけでなく、女性も思わずファンになってしまうといいます。

ある女性は10代のころずっと人気者になりたくて、色々観察しました。
「人気がある人とそうでない人は何が違うんだろう?」と...。
そしてなんとその秘密を見つけたのです。

その答えはこうです。
人気のある人は「人気者になろうとしていない」「好かれようとして行動していない」
「自分のしたいように好きなように行動している」ということでした

人気者になろうとするほど、そうなれないのがわかったのです。
衝撃といえば衝撃です。

だからあなたも、あなたのまま、あなたの素材を追及してみてください
そうすることで、一番オーラが出ます
そして、特別な女性になってモテるのです

リンゴっぽくなったミカンはおいしくないもの。
好きなように、したいようにすることがあなたのブランドになるのです。

ペンダント
自分らしい素材がなかなかわからないという人も多いでしょう。
そういうときは、親しい友人などの意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。
ブランドを作ることができたら自分のブランド名もつけるのもいいですね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム