「愛され慣れ」になる秘訣♪


男性と女性では「好き」が違う

男性は女性を愛したい生き物で、女性は愛されたい生き物です。
このようにお互いの欲求は完全に一致しています。

けれども、愛されないと嘆いている女性は多いですね。
実は、愛されないと嘆く女性には、見落としている大切なことがあります。

男性は自分の好きなように女性を愛したい
女性は自分の望むように愛されたい

この深くて大きなズレが男女の間にはあるということです
世間でいう愛され女性は、男性の「自分の好きなように愛したい」。
自分自身の「望む愛され」方のバランスをとるのがとても上手なのです。

具体的には、彼女たちは共通して「男性の自分勝手な愛」を素直に受け取ります
いったん受け取り、「自分はこのように愛される女性ですから、こう扱ってください」。
と男性に伝えます。
MIZUHO1796003_TP_V

「愛される」ってどういうこと?

たとえば、合コンで見るからに無理をして、女性に気を配っているさえない男性がいます。
グラスにまだ飲み物が半分以上残っているにも関わらず「次は何を飲みますか?」。
と声をかけてきました。

さて、あなたはどうしますか?
愛されない女性は、「まだありますから。後で飲みたくなったら注文します」。
と答えます。

それに対し愛され女性は、「ありがとう。じゃあ、次はウーロン茶にしようかな」
と、彼の厚意を受け取ります

愛される女性は、彼のぎこちない様子から、どれだけ彼が無理をしているのか。
それを瞬時に想像し、そしてその努力を認めているのです。
コミュニケーションの本質は愛です

愛とは「無条件に相手の存在や価値を認め合う交流」です。
無条件に彼の厚意を認めていることになります。
コミュニケーションのやりとりですから、当然彼から愛が届けられます。

その行動を見ていた他の男性陣も「この女性は、人を無条件に認めることができる」
と受け取ります
結果、どんな男性からも愛される女性となるのです。

kawamura1029IMGL4398_TP_V
もし、あなたが男性から愛されないと嘆いているとします。
一度どれだけ自分は人からの厚意を素直に受け取っているだろうかと考えてみてください

男性というのは「プライドの生き物」で、「ひとりよがりな生き物」ということです。
この2つをうまく認めてあげれば、好かれると知っておきましょう

相手の好意を受け取ろうとしたとき、自分にそれだけの価値があると信じることです。
そうでなければ、受け取れないということが起きます。

愛されることを信じて疑わないこと
彼の好きなように愛されることを受け入れる
この2つが必要です。

Photoelly001_TP_V
他人の厚意にお礼を言うこと」。
ほめられたら謙遜しないこと」。
日頃からこころがけましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム