賢いアンテナの立て方♪

いい電波でコミュニケーションを円滑に♪

「深読み」という言葉があります。

他人の言動、表現などの意味を本人の意図しない所まで深く汲み取ろうとする。

こういう意味です。

「深い」ということは、単に表面から底までの距離が長いという意味。

それにとどまらず、軽率ではないとか重々しいという意味があります。

その他に、「欲が深い」などのように程度がはなはなだしいという場合。

それにもつかわれます。

例えば、ある小説家の本を読んでいると、主人公や登場人物の心理。

それがかなり克明に描かれています。

作家というのはここまで考えて書くのだな、と感心します。

ですが、一転、実生活における人付き合い「ともかく信じる」。

という姿勢を貫かれているそうです。

その本の中でたびたび「好意のアンテナ」という表現が出てきます。

まさにコミュニケーションの術の極意なのかもしれません。

人の心は読めばいくらでも深く読めます。

勿論、それはこちら側の想像であり仮説に過ぎません。

でも、当たっている部分があるのは確かです。

でも、自分自身の気持ちを思い起こしてみれば分かると思います。

「好きだけれども嫌い」とか「凄いと思う反面、反発も感じる」。

というような相反する感情...。

それが、ひとりの人間やひとつの事柄に同時に向けられている。

ということ、もあるものです。

作家として考え尽くすことであっても、自分個人の人付き合い。

それでは「好意のアンテナ」を張り巡らして、「信じる」を前提としたのです。

だまされまい、と構えて生きれば傷つくことは少ないかもしれません。

ですが、信じてみるという姿勢も大切なことです。

もしかして、相手に好意と悪意が共存していたとします。

こちらの出方次第でそのどちらの面が出てくるか分からないからです。

やや猜疑心が強く「深読み」型の人は、よく言えば慎重な性格です。

特にその緊張を緩めて「好意のアンテナ」を立てるようにする。

一方、ついに自分に都合がいいようにばかり解釈する人がいます。

相手の言葉を丸ごと信じて「だまされた」となりがちな人。

それは、今までよりももう少し「用心のアンテナ」を立てるようにする。

いずれにせよ、コミュニケーションをスムーズにするアンテナの立て方。

それを、「いい電波」をキャッチできる方向に向ける。

という意識が大切なのではないでしょうか。

コミュニケーションを円滑にする術を知る。

それは様々な場面や社会生活にも役に立つはずです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!