自慢話を否定しない賢い女性♪

相手の不安に気づいてあげる♪

人は誰でも、好きな人の前では、自分のいいところを見せようとするものです。

とくに、男性は女性に対して、「自分は物知りだ」。

「自分は大きな仕事をしている」「お金がある」。

と、自分を高く見せようとする傾向が強いのです。

見栄を張ってお金があるふりをして、プレゼント攻撃をかけすぎた。

結局すっからかんになることも珍しくありません。

ある女性がつき合いはじめた彼も、デートのとき。

いつも「今日、会社で一億の契約とったんだ」。

「サッカー選手の○○とは子供の頃よく遊んだんだ」。

などと、自慢話ばかりします。

彼女は表面では「へえ。すごいのねぇ」「羨ましいわ」。

と、話に乗っていました。

ですが、心の中では「一億っていったって、保険の契約でしょ」。

「一億稼いだわけじゃないのに」「サッカー選手と友達なら紹介してよ」。

などと、彼に対して意地悪なことを考えてしまうのです。

自慢話をしたがる男性は、相手によく思われたいという思いが強いのです。

同時に、賞賛されることに飢えている人です。

「自慢話でもしないと、相手に認めてもらえないかもしれない」。

「自分のダメな部分を見透かされるのは恥ずかしい」。

と、心の中で思っているため、自分を必要以上に高く見せようとするのです。

逆に女性は、あまり自慢話をしません。

そもかわり、自分を綺麗に見せることに必死になります。

そのためなら、手間暇もお金も惜しみません。

男性の多くは綺麗な女性が好きです。

男性が思っている以上に、女性自身が「美」に執着していることも多いのです。

メイクやダイエット、エステに興味があるのは、常に容姿を気にしている証拠。

つまり「私って綺麗よね」と自分で思いたいからです。

相手を気分よくさせて、自分もいい気持ちでつき合う。

そのためには、この男女の心理の違い。

それを、しっかり頭に叩き込んでおくことが大切です。

この点に関しては、男と女は別の生き物と言っても過言ではありません。

男性は女性に賞賛されることで、満足感を得たいと考えています。

もし、ここで前例の女性が彼のいう事を否定したとします。

男性は、自分が精一杯見栄を張って自慢したことをばっさり切られたのです。

「プライドは傷つけられた」「なんて冷たい女なんだ」と感じるでしょう。

女性にとっては、存在意識を問われるほどの大問題なのです。

男性としての自信を、一気に失ってしまうかもしれません。

本心は心の中にとどめておき、「すごいわねえ」。

と、適当に相づちを打っておいたほうがよいのです。

さらに、彼にもっと喜んでもらいたいと思う場合。

「すごいわね」の後に、「どんな仕事してるの?」。

と聞いてみるといいかもしれません。

男性というのは、女性に好意を持つと、相手を教育したい。

自分の思い通りに行動させたい、という欲望が強くなります。

好きな男性の前で、愚かなふりをできる女性。

それは、男性を操りながら、しかも当人にはそれをつゆほども気づかせない。

賢い女性といえるのです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!