気分は「コントロール」できる♪

落ち込んだときは深く考えない

人は、理由もなく機嫌がよくなることがあります。

その一方で、石につまずいただけで「何てついていないんの!」。

と落ち込んだり、イライラすることがあります。

この状態を人は「気分がいい」「気分が悪い」など表現します。

人の気分は、コンピューターではありません。

常に上がったり下がったり、ゆらゆら揺れ動いています。

たとえば、仕事が上手くいかない時もあります。

そんな時でも、気分のいいときだと「これぐらいのことは大して問題ない」。

と前向きに考えることができます。

さらに、人に対しても、気分がいい時には、自分の気持ちが通じている。

二人の関係はうまくいっている、と思えてくるのです。

逆に、気分がよくない時には、ちょっとしたことでも、「つらい」「不幸だ」。

「ついてない」と感じてしまいます。

将来に対して希望が持てず、周りの人も誰も助けてくれない...。

私はなんて孤独なんだろう、と思えてしまうのです。

さらに、気分がすぐれない時には、その状態から抜け出そうとします。

そして、いろいろ考えをめぐらせます。

「無理に外に出かけていって、人と会って気分転換しようと思った」。

「なのに、逆にトラブルを起こしてしまう」。

「新しいことを始めたのに、うまくいかずもっと自己嫌悪に陥った」。

などというように、落ち込んだ状態から無理に抜け出そうとします。

すると、ますます落ち込みの感情にはまってしまうこともあるのです。

また、人は、気分がすぐれない時。

物事に深刻に考えすぎる傾向があります。

ちょっとミスをしただけなのに「自分の人生は最低」。

「自分にはもともと才能がないんだ」。

などと、とりかえしのつかないミスを犯したように反応してしまうのです。

では、気分に左右されないようにするにはどうしたいいのでしょう。

気持ちの浮き沈みがないロボットのように、精神を鍛練する。

すると、人は落ち込むこともなくなるのでしょうか。

その時々の気分によって、ものの見方や考え方が変わること。

それは、とても人間的なことであり、人の魅力の一つでもあります。

ですから、無理矢理、気分をコントロールしようとしないことです。

「気分に左右されるのは人間なら当然のこと」。

というように、達観してみることをお勧めします。

気持ちが落ち込むことは、人間なら避けることができません。

ですから、「こんなときもあるわ」と諦めましょう。

気にしないようにすれば、気分の良し悪し。

それに翻弄されることも少なくなるでしょう。

人の気分とはそういうものだ!

ということが分かれば、気分がいい時は「ラッキー!」と思えばいいのです。

逆に落ち込んでいる時でも、「今日は気分がすぐれないからやり過ごそう」。

と静かに過ごすことができます。

そうと分かれば、気分は自分でコントロールできるのです。

落ち込んでいる時には、物事をあまり真剣に考えすぎないことです。

気持ちをゆったりさせましょう。

チャットレディのお仕事は接客業です。

落ち込んでいる姿を見せるのはタブーです。

いつもと変わらぬ気持ちでお客様をお迎えしましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!